せせり肉の〝脂〟大フューチャー!
前回の予告どおり、今日は 鶏のせせり肉 を余さず使っていきます。

せせり肉 は首の肉です。 細長い形状で、脂身も結構しっかりついています。
焼き鳥屋さんでは、きっとおなじみの部位だと思いますよ。

まずは、せせり肉をひと口大に切り分けて、ちょっと洗います。
油分をちょっと落とすためと、やっぱり 「首」 の部分という事もあって食肉加工時に
余計にいじられているんじゃないか?って、勝手なイメージがあるので気休めに一応。(笑)

でもニワトリが良く動かす部分だからなのか、味がしっかりのっていて
しかも柔らかくておいしいんですよ~。 魚のしっぽなんかと同じ感覚ですね。

せせり肉をフライパンに並べて、油が散るのでフタをして焼きます。
さっき洗ったので、火を通したら勝手に蒸気が上がってきて、蒸し焼きになります。
水気が飛んで、焦げ目がちょっとつく頃には、脂がにじみ出ています。
このが今日のお弁当のキーポイントになります。(笑)


a0094526_18313723.jpgせせり肉から出たでひと口大に切ったズッキーニを焼きます。

前回のお弁当では
このズッキーニを
バジルソース+マヨネーズで
味付けしたのですが、
食べ手のAちゃんいわく

『形がきゅうりだから、醤油味で食べてみたい。』 との事。                                    
          ↑ 
 了解。その意見、採用しましょう!(笑)


焼きあがった、せせり肉とズッキーニが熱いうちにボールに入れて、焼肉のたれ・醤油で味付け。 黒こしょうで仕上げます。



a0094526_18315983.jpg次はサイドメニューです。 左上から時計回りに 
・三色野菜マリネ(玉ねぎ・にんじん・茎わかめ)
 前夜に食べたお惣菜パックいわしの南蛮漬けから、
 取り分けておいたものです。 電子レンジ加熱しました。

干し芋の鶏脂焼き 
 メインの鶏せせり肉を焼いたあと、にじみ出た
 ズッキーニと同時に焼きました。
 マッチ棒の太さに切りそろえて、昨日の‘ひと口大’と
 目先を変えてみました。

ひと口メンチカツ(冷凍)
 肉類のちっちゃなおかずで、ボリュームプラスです。



a0094526_18322155.jpg卵焼き 白キムチの漬け汁の残りで味付けしてみました。
 これも、せせり肉から出たで焼いています。
 とにかく今日はせせり肉の  大フューチャー です。

焼ししゃも 2本

はい、おかず一式完成です。
焼いた干し芋はししゃもの下にあります。
上から食べていって、最後にデザート代わりですね。



a0094526_18324349.jpga0094526_23374356.jpg













ご飯はいつもと代わり映えしない塩昆布添えの玄米入りなので、画像を小さくしておきますね。(笑)

えっ、メタボリック? 今回は気にしない方向でひとつ!(苦笑)
[PR]
by fumichoco36 | 2007-04-25 18:36


<< 勝手にインスパイアされる。(笑) 何だか<逃げ切り弁当>になっち... >>