にしき堂の 「りんごもみじ」
前回のブログの最後で予告したとおり、今回は (も? ) 甘いお茶請けの記事を、お届けしていきます。


a0094526_14164091.jpg広島銘菓といって、多くのかたが連想されるもののひとつに、
「もみじ饅頭」 が挙げられるかと思います。
若い世代の人に 「昔、B&Bのギャグで・・」 なんて言っても、
かえって伝わりにくいでしょうね。(苦笑)

地元では数多くのメーカーから、いろんな種類の 「もみじ饅頭」 が発売されています。
うちの近所にある大型ショッピングセンターの中にも、
そのシェアの最大手と言っても過言ではなさそうな、にしき堂 の販売店が入っています。

おみやげ菓子としてだけでなく、普段から親しめる味である理由のひとつに、
その求めやすさがあると思います。




a0094526_12224961.jpg右側の写真をご覧になっていただけますか。 
個包装が 5つ、ビニール袋に入った、これ以上ないほどシンプルな簡易包装です。
これ、いくらだと思われますか?  正解は ¥200 です。

賞味期限が、あと5日後くらいに迫った、いわゆるアウトレット商品です。
化粧箱に入ってはいないのですが、普段のおやつにするには、何ら問題ありません。
むしろリーズナブルなぶん、気軽に買えるので、時々利用させてもらっています。

最初にも書いたんですが、もみじ饅頭は種類のバリエーションが豊富な商品です。
この店舗で扱われているアウトレットは、どれも5つ入りで¥200なのですが、
その中身は日によってまちまちです。

5種類がアトランダムに、1つの袋に入っていることもあれば、
1種類が5つ入っていることもあります。
(そんな〝色々な種類〟に関しては、最後にメーカーのHPアドレスを
 貼っておきますので、そちらでチェックなさってみて下さいね。)




a0094526_122344.jpg今回は、この 「りんごもみじ」 のみの詰め合わせの姿を、
店頭で発見したので買って来ました。

定番の 「こしあん」 は、間違いなくお茶請けにピッタリなので、時には食べたくなるんですが、
この 「りんごもみじ」 も、なかなかどうして、結構な味わいなんですよ。

甘さが控えめでしっとりとしたカステラ生地の中に、
甘酸っぱい 「りんごジャム が、たっぷりと詰められています。

以前始めて口にした時、予想していた以上に、みずみずしいジャムが入っていた事に
内心驚いて、それ以来ファンになった商品のひとつです。




a0094526_12233881.jpg
冷蔵庫に入れて保存しておき、
いよいよ賞味期限が差し迫って
きたら、冷凍庫に移し変えれば、
ある程度の長期保存は可能か
と思われます。

中身のジャムのジューシーさが、
おいしさの肝(きも)
だろうな、と
個人的には感じていますよ。

私の場合は、冷やして食べる
のが好みです。

りんごジャムの中に、シナモン
などの癖の強い香料が入って
いるようには感じられないので、
その種のスパイスが苦手なかた
にも、おそらく喜んでいただける
のではないでしょうか。





a0094526_12235216.jpg秋が深まっていく
これからのシーズンなら
温かい紅茶 なんかと
組み合わせてみても、
また良さそうですね。

メーカーサイトは
トップページにしか
リンクが貼れない
構造になっていますが、
左端の
にしき堂のお菓子
をクリックすれば、
色々な種類のもみじ饅頭が
確認できるようになって
いますので、よろしければ
ご参考になさってみて
下さいね。

にしき堂 のHP
[PR]
by fumichoco36 | 2007-10-11 17:51


<< 母きたる - 突然の来訪編 - 多少の体調不良くらいなら、やり... >>