歯科通院初日


8月末ですね。
なんだろう、この 切迫せっぱく は。

【切迫】 問題の時期(刻限)が近づくこと。

ちょうど学生のころの夏休みの宿題を思い出します。

やらなければ。 めんどくさいけれど、やらなければ。


というわけで、
目に見えない真綿まわたで、じわじわ首をしめられるような感覚にとらわれながら、
8月に積み残したブログの題材を、ひとつひとつ片づけていこうと思います。(笑)



まずはお盆ごろに、さんざん大騒ぎした口の中の痛みについて。

かかりつけの歯医者さんで受けた診断結果は、

口蓋隆起こうがいりゅうきにできた口内炎 というものでした。

口蓋隆起 (→ リンク)


口の中の天井てんじょう部分の形には個人差があって、私のように
骨がぼっこり出っぱっていても、それ自体は異常ではないんだそうです。

「今回は膜の薄いその部分に、何か硬い食べ物でも当たって
 傷ができて口内炎になっただけで、たぶん大丈夫でしょう。」

「もし心配なら、よその科 (口腔外科か耳鼻科) への紹介状を書きましょうか?」 と
言っていただいたんですが、初回はとりあえず患部に薬を塗ってもらって帰ってきました。


しかしその診断を聞いて、ひと安心しましたよ!  


硬い大きなできもの(口蓋隆起)は、悪い腫瘍(しゅよう)なんじゃないか・・・と、
お盆の間じゅう、痛み止めを服用しながら、ずっとひとりで悩んでいたものですから。


ただし口内炎は、できて1週間ほど放置していた状態なので、
かなり大きくなっていて、治るまでに2週間はかかるだろう、とのことでした。

実際に口の中にカメラを入れて、その様子をモニターで見せてもらったんですが、
今までにもときどき目にしたことのある、白っぽくて丸いその姿は、

ザ・ 口内炎! と書きたくなるほど、立派な大きさまで成長していました。


でっぱった口蓋隆起に、ぼっこりとへこんだ口内炎ができていたというわけです。

たとえば軟らかいごま豆腐なんかを食べても、上にのせた 薬味のゆずわさび
刺激になって痛いし、醤油 さえしみる状態だったので、これはしばらくつらかった!


信頼できる先生の診断ですら、回復傾向を実感できるようになるまでは、

「本当に口内炎だけなんだろうか?」
「このまま悪化していって、あとで他の悪い病気が見つかったりしないだろうか?」 などと、

疑心暗鬼きじんあんきになってしまったほどでした。



とりあえず1回目の診察のお話は、ここまで。

会計は初診料込みで、1850円 でした。 



a0094526_65741100.jpg



たった5分ほどの説明と、薬の塗布とふだけにしては、
ちょっと高すぎるんでないかい?と、正直思わなくもなかったんですが。(笑)

「これには 安心代 も含まれているんだ。」 と思って、納得することにしました。
 
背に腹はかえられないと言います。 やむをえない出費だってありますよね。


万が一治らないときは、またあらためて来院しよう。

そう思った安堵あんど感から、疲れがどっとが出た 8月18日の出来事でした。






「夏休みの宿題」 は、まだ始まったばかり。
先は長いので、とりあえずコーヒーを一杯。

クリックお願いします!


広島ブログ

 
[PR]
by fumichoco36 | 2008-08-27 14:07


<< いいもん見せてもらった! 利休さん ・ スカスカ と ミ... >>