<   2007年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
「たかだかお弁当なのに、話が長いなぁ!」(苦笑)

雨の降る日にちの間隔が、日を追うごとに短くなってきているように感じます。
梅雨入り間近なのでしょうか。 皆さんのお住まいの場所ではいかがですか。

a0094526_12405920.jpg
今回も豆類からのご紹介です。
少し前に ひら豆(すじなし) を使ったのですが、
これはその仲間の モロッコ豆 です。
ワンコイン¥100の価格設定が魅力的で、
<当店本日のおすすめ> のポップに、素直に従って
購入してみました。 ひら豆と比べると、見た目がちょっと
ごっついので、硬い筋(すじ)が通っているのかな?と
思っていたのですが、それはありませんでした。


前の晩に試食してみると、甘味があって食べやすかったのですが、
豆類独特の‘青臭さ’ をどう処理するかが、味付けの鍵になりそうです。 



a0094526_12411374.jpg生ハム です。 ちょっと敷居の高い 〔高級食材〕 ですが(笑)、
独特の食感と塩味に誘われて、たまに食べたくなります。
今回の購入動機は、切落し 品のため、
1パック95g入りが¥199と 破格 だった事にあります。 
お弁当用食材としてはどうか・・と思われましたが、
家で食べる盛り合わせサラダを、グレードアップ!できるのは
確実なので、迷わず選んでみました。

パッケージの画像のように、メロンなどの果物と合わせてもおいしい、大人の味ですよね。

 

a0094526_1241273.jpg次は定番中の定番、シューマイ です。
(きっと全国区シェアのメーカーでしょうに、
珉珉食品ってHPがないんですね。余談ですが。)
 これも安かったです。
賞味期限間近でもないのに、10ケ入1パックが¥66。 

高級食材もいいですが、こういう 〈安くて普通においしい物〉 も、普段の食事にはかかせません。
食べてみると玉ねぎの粒感もあって、値段のわりには充分いけてる、と思いました。



a0094526_12414770.jpgじゃあ、野菜から調理を開始しましょうか。
左から ジャガイモ・にんにくの茎・モロッコ豆 です。

にんにくの茎 (中国産)は、オールシーズン安く手に入る食材の1つですよね。 調理のしやすさも利点の1つです。
やや乾燥した両端を落として、ひと口大にカットしておきます。

ジャガイモモロッコ豆 は、別々に電子レンジにかけて、
火を通しておきます。 この段階ではまだ、ジャガイモを
どんなおかずに仕立てるか、決まっていません。
ほかのおかずとの兼ね合いを見ながら、
追って決めていきましょう。



a0094526_12424152.jpga0094526_12425284.jpgベーコン
焼いていきます。
お弁当用には、
生焼けでも焼きすぎでも食感が NG! なので、
ころあいを見計らうのが
ポイントです。

同時に シューマイ も焼きます。
こっちもベーコンと同様に、おいしそうな焼き目をつけます。

肉や魚などを、生(なま)から調理しない時には、せめて焼き加減くらいは気をつかっておかないと、
お弁当箱の蓋(ふた)を空けた瞬間に、食べる人に<手抜きオーラ> が伝わりそうな気がするのは、
単に私が小心者だからでしょうか。(笑)



a0094526_1243188.jpg a0094526_12432597.jpgベーコンとシューマイを焼いたあとの
フライパンには、ラード(豚脂)
結構たっぷり染み出ていました。
これを使って、にんにくの茎
炒めていきましょう。
中華食材のイメージだけあって、
油との相性はバッチリです。

電子レンジで火を通しておいた モロッコ豆 は、ひと口大に切って ‘青臭さ’ をおさえるべく バター少々 をからめます。
上記の青野菜は2点とも塩で調味しました。



a0094526_12433515.jpg半生ふりかけ状の 「味わいめかぶ」 を、とき卵 に混ぜ込んで焼いてみました。

食後の感想をAちゃんにたずねてみたところ、
   「食べられないほどじゃないけど、ちょっとしょっぱかった。
       ご飯と一緒に食べたら、まあ大丈夫だったけど。」
 との事でした。

「味わいめかぶ」 は、塩昆布と同じぐらいの塩加減、と考えた方が良さそうで、
今回は入れる量が多すぎたせいで塩辛かったようです。 反省。



a0094526_1242320.jpg a0094526_12422799.jpgおかずを何品か作っているうちに、
電子レンジの中の 蒸しジャガイモ
の存在を、忘れてしまうところでした。

ほかのおかずとの兼ね合いから、
どちらかというとさっぱりした味付けに
仕上げたくなりました。

ボールに かつお節としょうゆ、
メープルシロップ少々
を入れて、
和え衣(あえごろも)を準備します。

かくし味に入れた メープルシロップ は、粘性が低いサラサラの液体なので、
かつお節がゴロゴロの塊(かたまり)になるような事はありませんでした。

ジャガイモの 余熱 を利用して、①和え衣をまとわりつきやすくするため  ②風味をプラスするため
という2つの理由から、バター少々 も加えました。

温かいジャガイモとかつお節をからませて、味がなじむまでそのまま冷まします。



a0094526_12435619.jpg盛り付けです。モロッコ豆焼きベーコン は、立てて交互に挟んでみました。
こうすると見た目がきれいで、ブログ映えしますね。(笑)

というのは冗談で、ベーコン自体の‘油っけ’とモロッコ豆の‘青臭さ’を、
隣り合わせに詰めることで、相殺し合う効果 を狙ってみました。

Aちゃんの感想は 「豆が、なぜかピーマンみたいな風味に感じられて、
                        ベーコンと良く合ってたよ。」
 との事です。


卵焼きと違って、こちらは思惑(おもわく)どおりにいったので、心の中で軽くニンマリ。
(人間の器がちっちゃいので、こんな事でささやかな達成感を感じます。)



a0094526_1244127.jpgそして今回の「場所埋めおかず」には、ちょっと
コストがかかっています。(笑) 
上記の 生ハム を使ってみました。 
卵風味かまぼこを芯にして、生ハムで巻きました。

そろそろ梅雨どきの<食中毒シーズン>だというのに、
「生ハムを加熱せずに入れるのはどうだろ?」という心の声は
聞こえたのですが、Aちゃんのお腹の丈夫さを頼りにして、
そのまま詰めてみました。 大丈夫だったのかな。



a0094526_1244377.jpg a0094526_1245261.jpg焼シューマイ は縦2段で
4つ入っています。

微妙な場所埋めは、
いつもの味噌ピーナツです。

白ご飯には 味付け海苔4枚
添えておきました。





というわけで、今回もようやく終了です。
いつも 長々と 読んでいただきありがとうございます。(笑)
[PR]
by fumichoco36 | 2007-05-30 18:44
つながるだけで御(おん)の字

今回のブログは、 息の詰まりそうな内容なので、せめて甘い バニラ の香りとともに、お届けしたいと思います。(笑)
それでは今朝作りました<プリンの作り方>と、同時進行でご覧ください。


a0094526_16524469.jpgまずは材料から。(80ml サイズ3ヶ分です。)

砂糖10g (プレーンヨーグルトに添付されていたフロストシュガーを
使いました。)
  卵1ヶ  バニラオイル少々  牛乳200ml

@@@@@@@@@@@
話はちょうど先週の今日、土曜日にさかのぼります。
昼間の時間から予兆はあったのですが、
その日は半日間、ネット回線の接続が困難でした。
その原因が我が家の古いパソコン(win98)にあったのか、
回線の不具合にあったのか、今もまだはっきりしないのですが、
その状況に直面した時に、私が考えさせられた事を、
今日はつづっていきたいと思います。



a0094526_1653377.jpg
まずボールに を割りいれます。 そこへ砂糖を加えて、すり混ぜていきます。 
この時砂糖をしっかり溶かします。 
ただし、後で蒸す時にスが入らないように、泡立てないのがポイントです。 

砂糖はプレーンヨーグルトのおまけに付いていた、10gの小袋1ケ分しか
使いませんでしたが、これだとかなり甘さ控えめです。
甘いソース類を食べる時に上からかけないのなら、15g程度にするのが
おすすめです。 


@@@@@@@@@@@
この夜はAちゃんが飲みで、夜ご飯作りを免除されていたので、ブログの更新作業をするつもりでいました。
18時半すぎにネット接続を試みたのですが、何度パソコンを再起動してもつながりません。
返信したいメールもあるのに・・と一気に不安になってしまいました。 


a0094526_16544863.jpg

先ほどのボールに 牛乳 を注ぎ、均一になるまでさらに混ぜます。
そのあと、卵に含まれる ガラザ(ゆで卵を食べるときに、
表面に薄い膜が張っていますよね。あれです。) を取り除くために、
金ザルなどで1度こします。
そこへ バニラオイル 少々を加えて、【プリン液】 の完成です。





@@@@@@@@@@@
回線を開通させるために、次の手段として考えられるのは、モデムの初期化 です。
プロバイダーから送られてきた [再設定ガイド] と首っ引きになって、
1人で真っ青 になりながら、隣の部屋に設置しているモデムとパソコンの間を行ったり来たり。
                                
ようやく1時間後に一瞬、ネット回線が復旧しました。



a0094526_16542169.jpga0094526_16543579.jpg










出来上がった【プリン液】を、耐熱容器に注ぎ分けます。
(できるだけ 厚み のある容器がベターです。 ゆっくり熱が回るので、プリンの口当たりがやわらか~く なります。) 

今回の材料は、我が家の容器3ヶ分だったのですが、画像はなぜか 2枚 もあります。

ストロボ設定の違いで、(手前味噌で大変恐縮なんですが、笑) どちらも甲乙つけ難くきれいに撮れたので、
両方アップさせていただきました。(皆さんは、左右どちらの画像がお好みですか?)



@@@@@@@@@@@
一瞬 だけネット回線が復旧するやいなや、どうしても返信しておきたかったメールを送信。
しかしホッとしたのは束の間で、その直後にはまた、つながらなくなってしまいました。



a0094526_1655154.jpg

次は蒸していきます。 容器が半分より上まで浸る
くらいのお湯を、あらかじめ沸かしておきます。
そこに 【プリン液】 を入れた容器を静かに入れていきます。
イメージとしては、お酒の 熱燗 をつける要領ですね。
容器を入れ終わったら、鍋に蓋(ふた)をします。



@@@@@@@@@@@
再び回線が不通になって、本気で頭をかかえこんでしまいました。
そのから 2時間半、ほかの用事をしながら、延々(えんえん)とモデムの初期化を繰り返しました。

(外的な)回線の方の不具合だと、はっきりわかっていれば、すぐにあきらめがついたのですが、
我が家の 老朽化 したパソコンは、作業中に 突然 電源が落ちたりする事があるので、
そっちの方の原因じゃないかという気持ちが、どうしてもぬぐい去れませんでした。



a0094526_16553691.jpg
鍋に蓋(ふた)をしたら、次は蒸していきます。
鍋の中で容器が踊らないように、できるだけ とろ火で12~15分間 ほどです。
(時々、鍋の蓋を取って様子を見てあげてくださいね。)
そのあと火を止めて、10分ほど 鍋の蓋をしたまま、余熱 で蒸らします。


火加減が強すぎたり蒸し時間が長すぎたりすると、‘ス’が入る恐れがあるので、注意してくださいね。  



@@@@@@@@@@@
10回近く モデムの再設定を繰り返しながら、考えました。
もしこのまま ネット接続不能 になったら、パソコンを買い換えるまでの間は、ブログの更新ができないな。
とりあえず近所のネットカフェから、そのお知らせはできるけど。 その間は コメントのやりとりもできなくなるな。
少人数だけど、せっかく見に来てくれる人たちもできた、今が一番 大事 な時期なのに。 


a0094526_165639.jpg

見た目で表面が固まったのを確認できたら、容器が 熱く なっているので、
気をつけながら鍋から取り出します。
余熱でさらに火が通って、中身を硬くしすぎないためにも、
鍋からは出しておいてくださいね。

あとは容器についたお湯をふいて、あら熱が取れるのを待ってから、
冷蔵庫で 冷やしたら 完成です。




@@@@@@@@@@@
夜8時前 から、もんもんとしながらの繰り返したモデムの再設定作業が、突如として終了したのは、
結局 10時半すぎ の事でした。

CD-ROMの設定ツールを使ったり、手入力を試したりしていたのですが、
作業中に突然 Yahoo!の画面に切り替わって、(回線が復旧した証拠です!) キツネにつままれたような気分にさせられました。 



a0094526_16563141.jpga0094526_1656525.jpg
プリンがすっかり冷えきったら食べごろです。
私はプレーンなまま試食してみましたが、
お好みで メープルシロップやカラメルソース を、
おかけになってみても、もちろんおいしいと思いますよ。



(画像右側は、市販のデザートに別添えされていたカラメルソースです。
 パッケージに 「本格」 と うたっているだけあって、
 バニラビーンズ入りで 焦がし味がしっかりしたものです。)




@@@@@@@@@@@
何が何やらさっぱりわからないまま、
今回の ネット回線不通騒動 は、一応、幕を閉じました。

しかし1週間経った今でも、いつまた つながらなくなる かわからない、起動時の不安定な状態は続いています。

予断を許さない状況を嘆いていても始まらないので、新しいパソコンの購入にようやく前向きになった出来事でした。


自分でブログを始めてから、まだわずか2ヶ月足らずです。
それなのに、もうこんなに <生活の一部> になっていたんだなと、あらためて思い知らされました。

ブログを通じてお知りあいになって、メールのやりとりをさせていただいている方。
各々(おのおの)のブログでのコメントのやりとりを通じて、これから先より一層、大切なおつきあいになっていくであろう方々。
そしてブログ記事の本文や画像を通しての、自己表現
どれを取っても、気が付けば今の私にとって、かけがえのないものになっていました。

ひとつだけ今回の事件に遭遇して良かった、と思えることがありました。
それは アクセス数が、ほとんど気にならなくなった事。

ユニークユーザー数にして、1日あたり平均 20 ほどなんですが、
「見に来ていただけるだけでありがたい。」 と心底思えるようになりました。

《自己実現の場》 を与えられている事に感謝しなくては、バチがあたりますよね。

できる限り、ブログを続けていこうと思っています。
これからも末永いお付き合いのほど、何とぞよろしくお願いいたします。

[PR]
by fumichoco36 | 2007-05-27 00:32
どことなく 「北海道弁当」。
a0094526_18221611.jpg新ジャガイモ のシーズンらしいですよ。

八百屋さんの店先にメークインと男爵が並んでいました。
今回は皮が薄くておいしそうに見えた男爵の方を選びました。
直径6cmくらいの物が、11ヶ入って¥99。 

せっかくなので、2種類のおかずを作る事に。
ジャガイモ2ヶは、皮をむいて2つ割にしたあと、
耐熱ボールに入れて蓋をして、電子レンジで火を通します。
中まで火が通ったら、再度1ヶ分ずつに分けておきます。


a0094526_18224679.jpgまずは マッシュポテトボール から。

フォークで火の通ったジャガイモをつぶします。
(今回は粒々がなくなるまで、しっかりつぶしました。)
そこへ市販のカレールーに添付されていた 「辛味スパイスミックス」
マヨネーズ、黒こしょうを加減しながら投入。
味が均一になるように、さらによく混ぜたあと、手で丸めました。
塩を入れなかったので、もしかしたら、しょっぱさが足りないかもしれません。
のどが渇きそうなおかずです。(笑)


a0094526_18225874.jpgもうひとつは、焼きジャガイモ。 (こちらはつぶしていません。)

ほかに焼いて調理するおかずがいくつかあったので、一緒に焼いてみました。
全体にこんがりと焼き目を付けてから、最後に粒塩をまぶします。
(画像表面の白っぽい粒々が塩です。) 

a0094526_18231499.jpg焼きジャガイモと同じフライパンで、塩鮭の腹身 も焼きました。
これは北海道産の秋塩鮭で、2日前に半額値引きで購入したもの。

先に夜ご飯で味見したら、塩加減と油のノリがほど良くて、
いい買い物ができた!と喜びました。
お弁当用に、ひと口大の四角にカットして、
タッパーで冷凍保存しておいたものを解凍しました。

同時に、電子レンジで軽く火を通しておいた ひら豆 も焼きました。
ひら豆は焼きジャガイモと同様に、最後に塩で味付け。

a0094526_18232640.jpg a0094526_18233762.jpg


a0094526_18271692.jpg
前回
は空間埋め用の〝苦肉の策〟として、和菓子を入れて
不評 を買ってしまいましたが、
 今回は違います!
≪救世主≫として、焼きかまぼこ を準備しておきました。
空間に合わせて大きさをカットできるので、大助かりです。


a0094526_18275995.jpg板わさ にしてみました。
ぶ厚めに切って、真ん中に深い切り込みを入れたところに、
ワサビを塗っています。
お昼まで時間が経つと、辛味が飛ぶかもと思って、
気持ちほど多めに塗っておきました。
鼻にツーン ときて、涙を流すのもたまにはいいでしょう。
眠気を覚ましてください。(笑)


a0094526_18241437.jpg
焼鮭 を立てて詰めたので、今回も 【空間余りの危機】
さらされそうになりましたが、焼きかまぼこ に救われました。(笑)

上記のおかずのほかに、卵焼き も入っています。
味付けに使った照り焼きのタレに、ごま粒が入っていたので、
さらにごまドレッシング少々を加えて、甘辛い味に仕上げてあります。

あとは kiriクリームチーズ と、バナナチップス・味噌ピーナッツ。
(クリームチーズはお弁当に入れても違和感がないようですね。)
 
無事におかずの盛り付けが終わって、ひと安心しました。


a0094526_18242958.jpga0094526_18244710.jpg白ご飯の上に、新しいアイテムの
『味わいめかぶ』 をのせてみました。
(そもそも 「めかぶ」 とは
 わかめの根っこの部分らしいです。)

この商品は、そのめかぶを調味して、
半生のふりかけ状にしたもの。
試食してみたところ、ご飯によく合う
旨みと塩味が付いていました。

和え物や卵焼きなんかに入れても
おいしそうですね。

新ジャガイモと秋鮭、乳製品のクリームチーズを使っただけで、「北海道」 というキーワードを思い浮かべてしまいまいした。
初夏の北海道は、きっとこれからがいいシーズンなのでしょうね。



もしよろしければ、応援のワンクリック
          よろしくお願いします。


デジカメのストロボ設定について
[PR]
by fumichoco36 | 2007-05-24 00:53
ダメ出し2連発!
a0094526_235701.jpg彩りかまぼこ(卵風味・カニ風味 各4本入り)
のっけから恐縮ですが、私はこの商品をいくらで購入したでしょうか?
<ヒント> 通常の売り出し価格は¥98くらいで、当日が消費期限でした。

正解は¥30。 安かったです!

この材料とパッケージを¥30で作れ、と私に言われても、(言われませんが、笑)
どだい無理な話なので、ありがたい!のひとことに尽きますね。

味を知っていたので3パック買って、2パックは冷凍保存しておきました。



a0094526_23571843.jpg
左の画像は広島県内産の、ひら豆(すじなし) です。

モロッコ豆 という名称で売られているのを、多く見かけますが
画像のものはもうちょっと線が細くて、すじが入っていません。
火を通して食べてみると、甘くてやわらかかったですよ。

今の季節は、店頭に豆類が並んでいるので、旬のものとして
喜んで購入しています。 画像の1パックが¥100でした。





下の画像は季節はずれの カリフラワー です。(旬は冬ですね。)
1つあたりの白い可食部分の直径が、だいたい8cmくらいの小ぶりなものです。 2ヶ入り1パックで¥138でした。 
右側のまた板の上の画像をご覧ください。 白い食べられる部分は、カサでいえば 約半分くらい です。
小さかったので、洗ったあと丸ごと耐熱ボールに入れて蓋(ふた)をして、電子レンジにかけました。
(上下をひっくり返しながら、やわらかくなるまで1分刻みで、だいたい3分程度です。)

a0094526_23573393.jpga0094526_23582938.jpg


a0094526_23581766.jpgすじなしひら豆 は両端を少し落として、
電子レンジにかけます。
あとでさらに焼くので、
火の通りはだいたいのところでOKです。

せっかくなので、2種類のかまぼこ カニ
長さをあわせるようにカットしてみました。
このきれいな彩り(いろどり)を生かせるように、
調理したいものです。

a0094526_23585584.jpg a0094526_2359575.jpg









お弁当に入れる今回は、生のままではなく 焼き目 をつけてみました。
そろそろ梅雨シーズン、食中毒にも気をつけなくちゃいけませんね。
味付けがまだだった ひら豆 には、焼いたあとで塩をまぶしました。   


火が通ってやわらかくなった丸ごとの カリフラワー は、ひと口大の小房に分けたあと、2種類の味付けに展開していきます。
量的には、今日の<おかずの主役>だったかもしれません。

a0094526_23591810.jpga0094526_23594231.jpgまず1種類め(画像左側)には、
バジルペースト
レモンドレッシング でのばして、
カリフラワーにからめました。

2種類め(画像右側)には焼いたあと、照り焼きソース をからめてあります。

a0094526_23592939.jpgこちらは先日の チキンタツタ です。 今日は細長い形に切ってみました。

かまぼこ・ひら豆・カリフラワーと同時に、カットしたチキンタツタを
フライパンで焼いたあと、カリフラワーの1品と一緒に照り焼きソースを
からめてあります。
先に衣がカリカリ になるまで焼いておけば、粘性のあるソースをからめた
あとでも食べる時に、そのカリカリ 感が残っていいのではと思います。
見た目もそのほうが、生っぽいよりおいしそうです。




a0094526_00022.jpg
今日はおかずの種類が少ないので、おかかおむすび を作ってみました。
かつお節は5g入りの小袋を1パック使用。

おわんにかつお節をあけて、醤油をベチャベチャ にならない程度まで、
様子を見ながら少しずつ加えていきます。
炊き上がったご飯に、醤油で味付けしたかつお節を切るように混ぜていき、
にぎったのが左の画像です。


朝の段階ではおいしそうにできた、と思っていたんですが、帰宅後のAちゃんから
「味が薄かった。」 との指摘が。(ほかのおかずの味で食べたそうです。)

かつお節に下味をつける段階で、もう少し多めに醤油を入れた方が良かったみたいですね。 
かつお節がパサパサ でなくベチャベチャ でない程度の醤油の量では、ご飯に混ぜた時に塩味がきかなかったようです。

おむすびの塩加減は、あらためて難しいと思いました。


a0094526_002850.jpg a0094526_001498.jpg










では盛り付けていきましょう。

おむすびの方のお弁当箱には、ひら豆と2種類のかまぼこの焼き物以外に、
茎わかめのつくだ煮(これでひと瓶使い切り!)とバナナチップスと、後述する 『ある物体』 が入っています。(笑)

おかず入れの方には、チキンタツタの照り焼きと、2種類の味をつけたカリフラワーを。
すき間を埋めるのは、いつもの味噌ピーナッツです。 おや、こちらにも何か 『目新しいもの』 が入っていますが・・


a0094526_004079.jpgおにぎりとおかずをつめ終わった2つのお弁当箱ともに、
かなり大きめの空間がぽっかりと あいてしまいました。
考えたあげく、クリームチーズ和菓子 を詰めておくことに。

kiri クリームチーズ は、きっとご存知のかたも多いでしょう。
まろやかな味わいです。

8ヶ入りの増量パックが¥198の時に買っておいたものを、
今朝、このお弁当のために開封しました。
お昼に室温で食べておいしいのかどうかが、あやしいところです。

和菓子 のほうは、広島銘菓 《新・平家物語》 です。
バームクーヘンの内側にこしあんが充填された作りの、風味の良い和洋菓子です。
GWウィークにあわせて増産されたのであろう、簡易包装のお買い得パック(8ヶ入り¥200)を先日購入し、
冷凍保存しておいた物から1つ出してきました。

この2品でそれぞれのお弁当箱の空間は無事埋まりました。
が、いかんせん〝苦肉の策〟で、Aちゃんの反応が気になるところです。
 
食後の感想を聞いてみたところ、「お菓子をお弁当箱に入れるな!」 との事でした。 やっぱりね。

いくらおいしい物でもデザート代わりのつもりでも、伝わらなかったようで 無念 です。



もしよろしければ、応援のワンクリック
          よろしくお願いします。

[PR]
by fumichoco36 | 2007-05-22 13:50
《マイフォーチュン》 で相性診断

a0094526_1132650.jpg週末ですね。

今日はありあわせのおやつを、適当に盛り合わせておきましたから、
こんな物でも食べながら、の~んびり お付き合いくださいね。

ところでエキサイトブロガーの皆さん、
ネームカードを有効活用されていますか?
その機能の中に、《マイフォーチュン》 っていうのが
ありますよね。
もちろん、エキサイトブログ以外の方でも大丈夫です。
URLを貼っておきますね。
→ 動物占いの進化(深化)版!マジカルインデクス

これは公開にも非公開にも自由に設定できるんですが、かつて大ブームになった<動物占い>の進化版なので、
相性診断 をする事も可能なんです。 お相手の生年月日がわかればの話なんですが。

心どうしのお付き合いに前向きになっている時には、こういう占いを試してみるのも、また一興かと思われます。

たまたま敬愛するブロガーさんが、ログイン公開設定にされているので、はばかりながら 勝手に(!)
私との相性を診断させていただきました。(笑)

するとこんな項目があることを発見。 → 【 あなたからみた基本相性 】  これは興味深いです。

それによると、
●あなたに尽くしてくれる最高のサポーター
●あなたの成長が相手の喜びになる関係
●支えてくれる相手を大切にすれば、お互いに得るものが大きい
                                         とありました。

その方とはメールのやりとりもさせて頂いており、私がブログを運営するうえで、多大な影響を受けているので、
この診断内容にはおおいにうなずかされました。
3つめの〝支えてくれる相手を大切にすれば・・〟という項目を、これからもしっかりと胸にきざんで、
お付き合いさせていだだこう、改めて肝に銘(めい)じた次第です。

その日その日の相性度もパーセント表示されますが、こちらは日によって、かなりまちまちな 結果が出るようで、(笑)
前日20%だったのが、当日は100%だったりします。
あくまで占いなので、あまり一喜一憂しない方が良さそうですね。

ついでにAちゃんと私の相性診断もしてみました。 
●自分とは性質が全く違う相手で、引き合う力は少ない
深いつきあいにはならず、感情的なぶつかり合いも起きない
●お互いの行動のリズムの違いを尊重できるかどうかがカギ

ずばり!なところを突かれて、もう笑うしかありません・・

結構面白いので、よろしかったら皆さんも試してみてくださいね。


@@@@@@@@

今日の更新分は、どちらかといえば他力本願的な内容になってしまいました。
いささか心苦しいのですが、休日の <お遊び> だと思って楽しんでいただければ幸いです。



a0094526_2111222.jpgでは最後にデザートを、お出ししておきますね。

冷凍庫で冷やしておいたココット皿に、
プレーンヨーグルト をついで、上に
ピーチ・メルバジャム (白桃とラズベリーのジャムです。
  名前に1本とられて購入しました。笑)
をのせて、さらに
フリーズドライの苺 のかけらをふりかけたものです。

苺には甘味(あまみ)がついていないので、
ジャムとあわせた方が、プレーンヨーグルトを
おいしくいただく事ができました。





もしよろしければ、応援のワンクリック
          よろしくお願いします。

[PR]
by fumichoco36 | 2007-05-20 03:39
目新しい食材で 【ベタ】 なお弁当を作る
目新しい食材が売り出しになっているのを見つけて、気になった時には試してみる事があります。

a0094526_20325411.jpg1つめは チキンタツタ

4枚入りで¥199でした。
物のつくりとしては、“チキンナゲットの巨大版”
といった感じです。(いわゆる成型肉ですね。)
1枚あたりの大きさは、そのチキンナゲットを4ヶ分、
合わせたぐらいです。
つまりチキンナゲット16ケ分が¥199 と考えたら、
結構お買い得なのではないでしょうか。
食べたい形に細長くも四角くもカットできるのが、
またいいですね。

前の晩に焼いて出してみたところ、Aちゃんから 「なんだ、手作りじゃないの?」 と言われてしまいました。 
いいじゃん、安かったし1度試してみたかったんだから。(笑)

a0094526_20331136.jpg
2つめは はたけしめじ

普通、しめじといえばもうちょっと軸が細くてやわらかい 『ぶなしめじ』 を
思い浮かべるのですが、これはもっと軸が
ぶっとくて、
さらに歯ごたえがシャキシャキと、しっかりしていました。
画像のひと房で¥59。

a0094526_20332794.jpg
こちらは何の変哲(へんてつ)もない 貝割菜 です。

1パック¥19。
前の晩に、1つ上の画像の 『はたけしめじ』 で作った煮物の仕上げにちらしてみたのですが、
少し火の通った貝割菜も、生とはまた別の味わいでオツなものでした。
大根臭さがより強調された感じでした。)

お弁当に生のまま入れると、かさばりすぎるので、のちほど電子レンジにかけます。

a0094526_20334331.jpg
焼く前にプライパンに並べた画像です。
左から ししゃも、チキンタツタ、アルトバイエルン、にんじん です。

チキンタツタ はお弁当箱に詰めやすくするために、
十文字に4等分してみました。
この1ヶが、チキンナゲット1ケ分の大きさです。

にんじん はフライパンの中の4つの食材のうちで、もっとも火の通りが
遅そうだったので、皮をむいてひと口大に切ったものを、
先に電子レンジにかけておきました。

a0094526_20335764.jpg
焼けたらお弁当箱に詰める前に、皿の上に広げて<冷ます>のが、
お弁当の鉄則です。

チキンタツタ は画像のように、こんがりと焼き色がつくまで焼いた方が、
外側の衣がカリカリ した食感になっておいしいようです。

ちょっと焦げ目をつけた にんじん は味が凝縮されている事でしょう。
仕上げに塩をまぶしておきました。


ししゃもアルトバイエルン は、この段階で食べやすい大きさにカットします。

そんな衝動にかられる事はもうありませんが、1種類ずつ つまみ食い したくなるような画像ではありますね。(笑)


a0094526_20341248.jpg上の4品を焼いたあとのフライパンを、
ちょっときれいにして、続けて を焼きました。
今日の味付けには、納豆に添付されていた
《たれ》 とメープルシロップを使いました。 

a0094526_2034327.jpgシコシコ とした歯ごたえのおいしい はたけしめじ貝割菜 は、
火の通りに時間差があるので、下ごしらえでは別々に電子レンジに
かけました。

まずカットして洗った 貝割菜 から。
小皿に入れてふたをして、様子を見ながら透き通るまで火を通します。
湯気が立つころには、お弁当の大敵である‘水分’がちょっと出ているので、
冷めるのを待ってから軽く絞ります。

はたけしめじ も同様に火を通して、出てきた‘水分’を捨てておきます。

味付けの段階で同じボールに投入して、ごまドレッシングとマヨネーズで和(あ)えました。
味がぼんやりしすぎていないといいのですが。

a0094526_20344791.jpg
今日はおかずの品数が割とそろっていたので、
ご飯は普通の 白ご飯 にしてみました。
 
黒の色みが欲しかったので、味のアクセントも兼ねて
茎わかめのつくだ煮 を添えています。
(よく使うこれには、シソの実が風味づけ程度に入っています。)

a0094526_2035080.jpg
今回は生の肉や魚からの調理がなかったので、
作る時間はそれなりに短くてすみました。

でも途中にデジカメで写真を
撮りまくる! ので、
片付け終わるころには、結局いつもと同じぐらいの
時刻になっていました。(笑)

すき間には毎度おなじみの バナナチップス
味噌ピーナッツ を入れておきます。

a0094526_20353450.jpg
これは予想なんですが、作るのに
手間ひまがかかった日のお弁当は、
もちろんおいしくないと困るんですが、
こういう 【ベタ】  な内容のお弁当も、
たまには食べやすくていいんじゃないかな。(笑)





もしよろしければ、応援のワンクリック
          よろしくお願いします。

[PR]
by fumichoco36 | 2007-05-18 09:12
これも一種の〝豆づくし〟

a0094526_19524838.jpg
豆シーズン真っ最中(まっさいちゅう)ですね。
今回はソラマメ です。

2晩連続で、魚焼きグリルでさやごと焼いて、食卓で中身の
豆だけ取り出して、塩を付けて頂きました。

やっぱり旬の物って、文句なくおいしいですね。
さやのところどころが【黒く】こげるまで焼いたら、
中身の豆がさやの水分で‘蒸し焼き’ の状態になります。
 
簡単にできておいしいので、もし機会があれば、旬の間に一度お試しになってみてはいかがでしょうか。



a0094526_1953211.jpgでもお弁当用には手間を省いて、最初から中の豆だけ
取り出して、‘塩ゆで’ にしてしまいました。

一番上の画像からはちょっとわかりにくいのですが、
1本のさやの長さは18cmくらいと、
        結構長いんです。

でも1さやに豆はたった 3粒 ほどしか入っていません。
                     (画像は2さやぶんです。)

そういった意味では、ちょっとした《高級食材》 ですね。



a0094526_1953890.jpgそしてこちらは牛マメ 。
買う時には、どこの部位なのかはっきり知らなかった
ので、帰宅後に早速調べてみました。

それによると牛マメとは腎臓(じんぞう)の事で、
形がソラマメ に似ている事からつけられた名称
なのだそうです。(あっソラマメつながりだ!笑)

内側に白いすじ状の部分があるのですが、それを
完全に取り除かないと 「臭い」 と書いてあります。

そのダイレクト な表現に恐れをなして(笑)、前の晩ご飯の準備どきに、しっかり掃除してタッパー入れておきました。

脂肪分が少なくシコシコ した歯ごたえで、鶏の砂ズリにも似た食感です。
それ自体にはそれほどうまみがないので、しっかりした味付けと相性が良さそうです。



a0094526_19533666.jpg
ソラマメ を塩ゆでしたあとのお湯で、牛マメ をゆでこぼします。

この時にかなりアクが出たので、火が通ったあと
一度ザルに取ってきれいに水洗いしました。

それをひと口大に切ったのが、左の画像です。
なんだか、スライスしたマッシュルームみたいに見えますね。



a0094526_19535389.jpg
もろもろの作業をしながら、電子レンジで ゆで卵 を作りました。 
1ヶ分の卵専用の、〈ゆで卵作り容器〉を使用しています。

このくらいの固まり具合にするには、1分半×4回、電子レンジを回します。

6分間1回 で火を通してしまうと、同じ時間の長さでも、容器の中で
卵の温度が急に上がり過ぎて、殻にヒビが入って、そこから白身が
はみ出してしまい、見た目が悪くなるのです。


以前に何回か失敗したあとに学習して(笑)、この方法に落ち着きました。
糸で真っ二つにした後、塩をそれぞれに振って、丸い形に戻したものを、お弁当箱に詰めます。



a0094526_1954734.jpg下ごしらえが済んだ牛マメは、にんじん と一緒に炒めて、
ケチャップとタバスコで調味しました。 仕上げにラー油も少々。

お弁当箱に詰める前に、黒こしょうを振れば良かったのですが、
面倒くささが先に立ってしまい、今回は省略。
内臓臭さが残っていないといいのですが。

  @@@@@@
  (ブログにアップする前に、食後のAちゃんからの感想が聞けました。
  「にんじんと牛マメを一緒にしないほうが良かった。」 との事。
   2者の味がマッチしていないと感じたそうです。残念!) 

                                                          

塩茹でソラマメ・ゆで卵・牛マメとにんじんのケチャップ炒め 以外のおかずは、
アルトバイエルン・ししゃも・タコ入りひと口シュウマイ をそれぞれ焼いたものと、
拍子切りにした きゅうり に塩をふって、染み出た水分をふいたものです。


a0094526_19542212.jpg
アルトバイエルン は、さすが有名どころだけあって
濃厚な 味わいの、おいしいウインナーですね。 

そのぶん少しお高いのですが、半額になっていたのを見つけたので
購入してみました。




そして今日は 黒豆ご飯 です。 程よく塩をきかせてあります。
上には カニかまぼこ・卵かまぼこ 各少々をセットでのっけてみました。

a0094526_1954368.jpg a0094526_19544983.jpg












今日のお弁当は、全体的に油気が少なく、あっさり味に仕上がってしまいました。
午後Aちゃんのお腹が、早くすきすぎなければいいのですが。



もしよろしければ、応援のワンクリック
          よろしくお願いします。


ところで、お気づきになりましたか?
[PR]
by fumichoco36 | 2007-05-15 19:56
青梅の実とチョコレート。 そしてスキン変更エピソード。
a0094526_22104075.jpg
近所の梅林の梅の実が、すっかり大きくなりました。

ブログを始めてから、時折(ときおり)経過観察していた
のですが(参照1参照2)、今日の撮影の段階ではもう
実が地面にゴロゴロ落ちていて、後は収穫を待つばかり
といった感じを受けました。

a0094526_22115246.jpg
同じ梅は梅でも、今日のお話はチョコレートの方です。
【チロルチョコレート 青梅】。 

近所の100均ショップでは、ワンシーズン前に発売された
商品を、安く売り出している事があります。
これもそんな商品の1つでした。

コンビニで売り出された当初は、バラ売り1ヶが ¥21 でした。


画像の商品は 45ヶ入りで¥399(すでに左側3ヶほど抜けていますが) ですから、1ヶ換算すると約 ¥8.87
定価の 半値以下! という計算になりますね。

味の方は売り出し直後に1つ2つ試してみて、すでにチェック済みだったので、
いわゆる 大人買い に踏みきりました。(笑)

a0094526_22121022.jpg
言わずと知れた 花札柄 ですね。(あまりくわしくないのですが。)

お正月過ぎ頃に売り出された、初春(はつはる)を意識した
デザインのようです。

4柄ありましたが、やっぱり画像右下の ウグイス柄
一番目をひきますね。
(たんに好みの問題かもしれません。)

実物大スケールになるように、画像を加工してみました。


a0094526_22124634.jpg a0094526_22132481.jpg
何気なく手にとって、裏表を返していて
面白い事に気が付きました。
それは 包み紙裏面のデザイン です。

表がウグイス柄以外の3種類の裏面には、
ウグイス が印刷されています。(画像右)
そして表がウグイス柄の1種類だけ、
裏面の印刷が 梅の花 でした。(同左)


こういう 遊び心 は好きですね。(感心!)
味も青梅だけあって、ターゲット層はきっと<大人>なのだと思われます。


a0094526_22135628.jpg中を開けてみましょう。 (こちらも実物大と本物に近い色みを意識して、画像加工しました。) 
ウグイス色、いや 青梅色 ですね。
休日で家にいたAちゃんが興味を示したので、ひとつ食べてみてもらいました。
いわく「梅ガムっぽい香りがする」 と。
私は鼻があまり良くないので、そこまで強くは感じなかったのですが、
開封するやいやなそう言ったので、はっきりした香りなのだと思います。

a0094526_221429100.jpgまん中でカットすると、中身はこんな感じです。
外側の 青梅チョコ は甘酸っぱくて、
内側にはペクチンゼリー (これも甘酸っぱい)が入っています。

常温で提供したためか、Aちゃんの感想はそれほど芳(かんば)しくなかったのですが、
実はこれ、冷やした方が おいしいんですよ。


冷凍庫に入れておいても、中身のゼリーは硬くなりません。
私好みの味なので、1粒1粒じわじわ消費していこうと思っています。
賞味期限は来年の2月なので、全然余裕です。(笑)
(独占するもくろみで、わざと常温で差し出したのは秘密です。笑)



もしよろしければ、応援のワンクリック、よろしくお願いします。

スキン変更時のエピソードです。
[PR]
by fumichoco36 | 2007-05-13 22:11
図(はか)らずも3段に
a0094526_19511839.jpg
今日は図(はか)らずも、
3段弁当 になってしまいました。
理由は追ってご説明します。(笑)

Aちゃんは2日間ほど、家で夜ご飯を食べられない事になりました。
こういう時は、肉や魚など主菜になる材料を、買い控えるようにしています。
それに代わる材料として、お弁当に便利なのが市販のチルド惣菜です。
近所のスーパーで、¥99の時に買っておきました。

a0094526_19513828.jpg
『いかと里芋の煮物』

こんなのが¥99で手に入るなんて、材料と作る手間を考えたらありがたいです。
(いつもいつもだったら、手抜き?と、自分でいやになると 思いますが。)

胴切りにしてあるイカの身と下足(げそ)の部分と里芋のほかに、
焼き目の付いたタケノコも入っています。

パックを開けてそのままお弁当箱に詰めるのは、いくら何でも気が引けたので、
ボウルに1度移して電子レンジ加熱した後、冷ましてイカとタケノコを
ひと口大に切り分けました。 里芋は丸いそのまんまを詰めます。

a0094526_19521896.jpga0094526_1952309.jpg









こっちも市販品です。 タコ入りしゅうまいと、クリームチーズ入り丸はんぺん
はんぺんはふわふわで柔らかく、そのまま食べてもおいしいのですが、
お弁当なので表面を焼きしめることにしました。
はんぺんに焼き目を付けていると、プーッ とふくらんで面白いのですが、
(左右の画像の違いわかりますか?)冷めるとシュ~ッ と見事なほど縮んでしまいました。

a0094526_19524373.jpg
主なおかずが言ってみれば<手抜き>なので、
せめて副菜の方を丁寧に作らなくては。 

きゅうりを向こうが透けて見えるほどの
薄い輪切りにした後、塩もみに。

a0094526_19525793.jpg
にんじんは薄い短冊(たんざく)切りにして、電子レンジで火を通します。
にんじんのあら熱が取れてから、水気をしぼったきゅうりとあわせて、
ナムルソースであえました。

@@@@@@@@@@

ろくすっぽ調理らしい調理をしない内に、盛り付けです。

豆ご飯はお弁当向けに、炊く段階に加えて、上からも塩を振っておきます。
色が寂しいので黒い 茎わかめの佃煮 も添えて。

a0094526_19532814.jpga0094526_19535172.jpg












あまりにもおかずが貧相に感じたので、卵焼きも焼いておいたのですが、問題が1つ発生。
おかず入れの中で、丸ごとの里芋が場所を取り過ぎて、入れる場所がありません。

a0094526_19541269.jpgそんな時に便利な容器が我が家にはあります。
6cm正方形×3cm高さの〝なんちゃってミニ重箱〟です。

これは2段重ねがデフォルトなのですが、今日は1段のみ使いました。
が、ここで2つめ目の問題が発生。 
今度は中に入れるおかずが足りません。


(すでにレギュラーの、笑)バナナチップスと味噌ピーナッツはいいとして、
苦肉の策にクリームチーズ(ドライメロン+マンゴー入り)を詰める事に。
これはデザートチーズなので、たぶん冷たい方がおいしいのですが、やむを得ません。

a0094526_19542866.jpg
〝なんちゃってミニ重箱〟が、いかに小さいか見ていただく
 ために並べてみました。 画像左下がそれになります。

 ああ、でもこれだとクリームチーズが甘いから、
 ご飯のおかずにならんな。(しかも食べる時ぬるいし。)

a0094526_19545256.jpg
Aちゃんからのクレームを避けるべく(!)、たまに登場する
 〈メッセージ付箋(ふせん)〉 (別名:言い訳付箋)を貼っておきました。

「クリームチーズは甘いよ!」

最後にデザートとして食べてもらえる事を期待しましょう。

市販品を多用して楽にできたはずのお弁当でしたが、最後の詰めが甘くて、
手間はいつもとそう変わりませんでした。

サボれないようにできているらしいです。(苦笑)


 
[PR]
by fumichoco36 | 2007-05-11 19:59
もいちどーだけぇ♪
今回は思い出話から入らせてくださいね。

@@@@@@@@@@@@@

5年ほど前、歩いて25分ほどの場所にある、小さなチラシデザインの会社で働いていました。

慣れない経理の仕事に、気持ちをパンパンに張りつめていた日々。

ある日、何人かでの雑談中に、隣のデスクの男性が突然私に
「ふみちょこさん、お姫様だっこさせてみてもらえませんか?」 と。

その方は営業兼製作の責任者で、周囲への気配りは普段から相当な人だったので、
気持ちに余裕を失っていた私を見てとって、それをほぐそうとしてくれたわけです。

そうとわかっていても、【女心】 としてはうれしかったですよ。(笑)
30歳すぎてから、面と向かって女性扱いしてもらえる事って、
そうなかなか無いものですから。

その場は 「恥ずかしいから、遠慮しときますよ。」 と笑ってやりすごしたのですが、
ふんわり した思い出として、今でも記憶に残っています。

(後日談を思い出しました。
<お姫様だっこ>という甘美な言葉の響きが耳に残っている間に、家でAちゃんに話してやってみてもらいました。
ところが身長差が30cm以上あるためか、まるで「ワッショイワッショイ!」 のおみこし状態になってしまい、
いまいち感じが出ず、残念な結果に終わったのでした。 夢のままにしておけばよかった。笑)
 


@@@@@@@@@@@@@


半年前の寒い時期から、時々サビの部分を思い出しては、無性に聴きたくなる曲がありました。

ネットでアルバムを試聴できるので、しばらくはそれでしのいでいたのですが、
ブログを始めて、がんばっている自分への〝ごほうび〟として 今回注文に踏み切りました。
                               (↑ただの虫のいい言い訳です。)



a0094526_1374857.jpg
≪もう一度夜を止めて≫

と聞いただけで、このブログを読んでくださるうちのいったい何人の方が、
パッと曲を思い浮かべられるでしょうか?
(よろしければタイトルのリンク先へ飛んでいって、視聴してみてくださいね。 一曲目です。)

オリジナルのリリースは1988年になっていますから、
今からもう19年も(!)前の曲ですね。

当時、シチズンの腕時計のCFソングに使われたらしいのですが、
確かそれはドラマ仕立てのものだったような記憶があります。
見られるものなら、ぜひもう1度見てみたいのですが、今となっては無理なお話ですごく残念です。
(そんな昔のCFが見られるアーカイブがあれば、ぜひ御一報下さい。)

届くのを指折り楽しみに待っていたこのアルバムを、早速ひと通り聴いてみました。

ひと言でいえば、イメージはかなり 激甘で気障(きざ) です。(笑)
歌い方を含めて好みに合わない方は、きっとたくさんいらっしゃるだろうな、と思いました。

しかし、疲れている時には甘い物が欲しくなる っていいますよね。

そんなつもりはないのですが(笑)、今の私の心境には
なぜかまさに ドンピシャ!の1枚です。

これから当分の間、ブログの画像処理時間にはお世話になりそうです。
(文章を書きながらは聴けない不器用者なので。)


 
[PR]
by fumichoco36 | 2007-05-11 00:27