<   2007年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
「赤いオクラ」 だったはずが

スーパーの中の地産地消コーナーで、変わった色のオクラを発見しました。
a0094526_1745389.jpg

ご覧のとおり、赤い のです。


正確に言えば、濃い赤紫色 なんですが、こんな色のオクラを見たのは、初めてでした。
シールの大きさをメジャーで測って、縮尺をぴったりに合わせてみましたよ。


味はおそらく、普通のオクラと変わらないだろうな、と想像しつつも、ぜひブログの記事にしたいと思って、買ってきました。a0094526_7385125.gif
鮮度が良かったし、量も割とたっぷり入っています。 そして何よりおいしそうだったので、良しとしますか。

今夜、サッとゆでて食べてみるつもりです。 楽しみ楽しみ♪


a0094526_2332766.jpg


というわけで、熱湯でサッとゆがいてみました。a0094526_7433780.gif
そうしたらどうした事でしょうか、この見事な色の抜けっぷりときたら!


決してゆで過ぎたわけじゃないんですよ。
沸いたお湯に入れたあと、鍋に蓋(ふた)をして、ものの1分ほどでその蓋を取った時の ビックリ感 たるや、
そばに誰かいたら、一緒に驚いてほしかったほどでしたよ。(笑)

あれほど鮮やかだった 赤紫色 が、ものの見事にお湯のほうに逃げてしまいました。


  お皿に一緒に盛り合わせている シイタケ も、オクラと同時に、そのお湯でゆがいたんですが、
  こちらに色素が移っているような事は、ないみたいですね。


当初からそのつもりではいたんですが、ゆで湯はそのまま、おみそ汁用として使いました。
変なえぐみが残っているわけでもなく、丸い味のおつゆになっていましたよ。


a0094526_753218.gif盛り合わせの鉢は、食卓へ出す前に レンジアップ して、温奴 (おんやっこ) にしました。
味の仕上げは、かつお節 と 牡蠣(かき)醤油で。


それにしても、これほど見事に 脱色する とは、思いもよりませんでした。
ある意味、ブログ的な展開になりましたね。


ゆでたらお湯に色が抜ける事がわかったので、残りは焼いたり、塩ずりにして刻んで、生で食べたりもしてみようと思います。a0094526_755368.gif
ちなみに、味自体は普通のオクラとして、おいしかったですよ。

生食にする時には、納豆 と合わせても色がきれいだし、食感の対比が面白そうですね。
[PR]
by fumichoco36 | 2007-10-31 12:44
羽毛パニック

私はハウスダストなどが原因による、鼻炎アレルギーの持ち主なので、毎朝掃除機をかける 必要に迫られています。  

朝9時過ぎ。
いつものように掃除を始めたんですが、普段以上に綿ぼこりの量が多いように感じられました。 「どうもおかしい。

洗濯物はいつも室内干ししているんですが、前日に干した物が乾く途中に、
糸くずがたくさん落ちたのかな?と思いながら、作業を続けました。

それにしても、白いほこりの量が多すぎます。
ほわほわ        とした感じのそれは、部屋の隅(すみ)のほうに、多くたまっていました。
「おかしいなぁ・・」

部屋ごとに順番に掃除機をかけていって、寝室にしている畳部屋の布団を上げた時に、その原因が判明しました。

Aちゃんが独身時代から、15年(!)ほども使い続けている
羽毛の掛け布団が、どうやらカバーの中で破れているらしいのです。

ジッパーをそっと開けて、中の様子を確認してみようとしたところ、もういけません。
数センチジッパーをずらしただけで、床のそこらじゅうに、細かい羽根が パーッ      と散乱してしまいました。  あ~あ!


冒頭に書きましたように、ハウスダストアレルギーによる鼻炎持ちの私。 
ふわふわ       した細かい羽毛が、あたり一面に散らばった状態など、たまったものではありません。
ただちに花粉用マスクを装着しての、念入りな掃除機がけの再開を、余儀なくされました。

「カンベンしてほしいなぁ・・」

しかしいくら吸えども、羽毛が ボワボワ      と部屋中を舞って、どうにも埒(らち)があきません。
こんな困難が午前中から待ち受けていようとは、朝起きた時点では想像すらしていませんでしたよ。


結局15年物の掛け布団は、本日を持って 『お役御免』 とし、カバーごと大型ゴミとして処分する事に決めました。
それをたたんで半透明のゴミ袋2枚を使って、両端からかぶせる時にも、また羽根が宙を舞い散ります。         「とほほ・・」 


母が以前、来客用にと買ってくれて以来、ずっと押入れの中でデットストックと化していた掛け布団が、
ようやく日の目を見る日がやって来ました。
ちなみにセット物だった敷布団のほうは、一足お先に、もっか使用中です。(←ここは、母への業務連絡?でした。笑)


羽毛と 「いたちごっこ」 の状態で続けた掃除機がけの作業に、一応の見切りを付けたのは、10時半過ぎ。
普段なら30分ほどで終えられる作業に、3倍以上 の時間を費やしてしまいました。
お疲れ、私!


けれども以前なら 「アンラッキー だけで終わっていたこんな災難も、今では

「あとでブログのネタに出来るかも。 と、ひそかに思えるようになったというだけでも、
ひょっとしたら幾分かは救われているのでしょうか?


ひと月ほど前にかかった虫歯 といい、さらにその前の 包丁での切り傷 といい、  「それぞれの記事にリンクしていますよ。」  
なぜか身の回りで起こるハプニングには事欠きません。

a0094526_0433273.gifあとは私の文章力しだい という事になっているようですね。 
そこが一番むずかしい所なのですが。(苦笑)





今の季節、道端ではこんな花たちが・・
[PR]
by fumichoco36 | 2007-10-30 08:10
偶然にばったり出会うと
先週の土曜日の朝の事です。

そうじなどの午前中の家事 を終えた私は、ブランチの前に、近所のスーパーへ行く事にしました。
そのあとは終日(しゅうじつ)、家で過ごすつもりだったので、化粧もせずにスッピンのままです。

この ‘素顔の状態’ というのが曲者(くせもの)でして、
例え誰も私に目を向ける人がなかったとしても、なんとなく引け目を感じてしまいます。
これを読んで下さっている女性の中で、共感して頂けるかたはいらっしゃいませんか?(笑)


でもまあ、ほんの近所に行くだけだしと、普段着にヘアバンドの姿で、玄関を後にしました。
住まいであるコーポの敷地内を出て、歩道に差しかかった時の事です。

前方から、優しそうな雰囲気を漂(ただよ)わせたの男の人 が、
こちらの方向に向かって歩いて来ました。 
「・・」 気付くまで2秒ほどかかりましたが、それは私の夫のAちゃんでした。


時刻は朝10時過ぎです。
説明しますと、Aちゃんは前日の夜が飲みで、帰りにサウナに立ち寄って来たために、帰宅がその時間になったというわけです。
(この状況については、軽くスルーしてやって下さいね。)

サウナのお風呂にはシャンプーも完備されているそうで、朝帰りにもかかわらず、髪の毛はサラッサラの状態です。(笑)

買い物から帰ったあと話してみると、Aちゃんのほうは私に気付いていた、との事。


我ながら意外だったのは、出会うと思わなかった時に出会うと、
もう10年以上も一緒に居る夫だというのに、『一瞬誰だかわからなかった という事です。

これと似たような経験をされた事がある、というかたはいらっしゃいませんか?


最初のほうに書いたんですが、引け目を感じる素顔のままだったという事が、
「この状態では、なるべく知ってる人と会いたくないな。」 という感情を働かせて、私の目 を曇らせていただけかもしれません。

さんさんと輝く朝の光の中で、ちょっと不思議な体験をしたような気がした、というお話でした。


母方の祖父の命日によせて。
おじいちゃん、おかげさまで私は今も、こうして元気に暮らしていますよ。 これからもずっと温かく見守っていてくださいね。




ご感想お待ちしています。

[PR]
by fumichoco36 | 2007-10-29 07:27
「ニコ 」 スプーン

a0094526_5101296.jpga0094526_14155872.gif私が小さなスプーンを、使わない日はありません。
例えばインスタントコーヒーを入れる時、そしてデザートを食べる時など。

今年の3月に、たまたま知人にささやかなプレゼントを贈る機会がありました。
その時に便乗して、わざわざ新潟県から取り寄せたのが、今回の記事にする1品です。


以前からネットサーフィンをしている時に、何度か見かけていた物でした。
シンプルでありながら、かわいいとしか言いようがない、インパクトのあるデザイン。
"笑顔" には、デザイン化されても、心に直接訴えかけてくる 「何か」 があるのかもしれませんね。

ニコシリーズ アイテム表 (アイ・メタル) 


私が使っているのは、メーカーHP写真の中で、6 の番号がふってある コーヒースプーン¥193 です。
(この記事の右側にアップした画面が、ほぼ実物大ですよ。
インスタントコーヒーをすくったり、アイスクリームやプリンを食べたりするのに、ちょうどいい大きさです。

カップスープを食べている途中に、容器のはしに立てかけておくと、
まるでスプーンが、お風呂にでも入っているような風情で、
ふとそれに目が止まった時なんかは、なんとなく気持ちが和(なご)んだりもします。

繰り返しになりますが、"笑顔" のデザインが持つパワー、なかなかあなどれないものかもしれません。


シンプルなデザインなので、量販品で割と簡単に手に入るのかな?と思って、
当初は身近なお店から探し始めたんですが、思いのほか発見する事ができませんでした。
今の時代は便利ですね。 そんな時にはネットで検索できますから。



a0094526_1545249.jpg
デザインの正式名称がわからなかったのですが、
「ニコスプーン」 で検索をかけたら、数多くヒットしたと記憶しています。
(半年前の事になるので、もはや、うろ覚えなのですが。)


使うかたの好みによるところが大きいと思うのですが、
もし私と同じように 「かわいい と感じられた場合には、
どこか頭のすみのほうででも、覚えておかれてはいかがでしょうか?
小さいものなので、そう場所を取りそうにもありませんし。(笑)


そしていつか将来、タイミングがあった時に御注文されて、
お使いになるような事があったとしたら、
あら不思議!その時点から 自動的に私と 「おそろい」 です。
(うわ、宣伝効果半減だ。笑)




そんな悪のりはともかくとして、丈夫で使いやすく、求めやすい価格ですよ。
ただし 代引き手数料や送料は、別途かかりますので、ご注意下さいね。

バラでも注文できるので、こんなアイテムがあるんだ、という事を覚えておいたら、何かの時に役立つかもしれません。




「コメントして行ってちょんまげ~」

[PR]
by fumichoco36 | 2007-10-28 07:31
「ライター」 兼 「三脚」
  昨夜から広島では、久しぶりに雨が降りました。
  しばらく秋晴れが続いたので、一休み感のある 「お湿り」 は、しっとりとした雰囲気で、いい感じです。

  


ブログを始めて7ヶ月たちましたが、外出時に常にデジカメを持ち歩くようになったのは、つい最近のことです。
たいしたことない重さと大きさですが、使うかどうかわからないのに、カバンに入れて持ち歩くのが、おっくうだったんです。

でも道ばたで 「おっ、これ撮っときたかったな・・」 と思うものと出会って、後ろ髪を引かれながら帰るというのを
何回か繰り返しているうちに、たとえ荷物が重くなってもいいから、常に持っておきたくなりました。


先週の土曜日の事です。
買い物の間に道を歩いていると、いろいろな作物が一箇所で育てられている畑のわきのほうで、a0094526_15573714.gif
まるでおもちゃみたいなデザインの花を見つけました。

面白い形の花弁に惹(ひ)かれて、カバンからデジカメを取り出しました。
一方通行の狭い道路わきなので、時々後ろを通る車や、歩行者の邪魔にならないように、気を付けながら、パチリ!

いいお天気だったので、晴天の太陽光に照らされた写真が撮れたかな?と、楽しみにしつつ自宅に帰りました。
早速パソコンを立ち上げて画像を確認すると、残念なことに花にピントが合っていません。

葉っぱのほうばかりが鮮明に写っているのを見て、がっかり。


a0094526_16173133.jpg幸い翌々日に時間がとれたので、
もう一度同じ場所を訪れて、リベンジしました。

その日もよく晴れていて、
花の勢いも元気なままだったのは、ラッキー♪でした。

「今度こそ!」 と、前回よりも慎重にピントを合わせて、パチリ。
3度目は無いつもりで、何枚か撮っておきました。

外での撮影は、天気や風の影響もあるし、
周りの迷惑も考えなければいけないので、
注意が必要ですが、楽しいですね。

以前はただの通り道でしかなかったのに、
今では 「どこかに何かいい被写体はないかな?」
と思いながら、歩くようになりました。


そして2回目の撮影時でのことなんですが、うっかりデジカメの充電が 〈あとわずか〉 の状態になったものを、持っていってしまいました。
せっかく再訪したのに、写真がそう何枚も撮れないという ピンチ に自ら陥ってしまい、内心ヒヤヒヤものでしたよ。


a0094526_16223766.jpg
そんな中で撮ったのが、今日の2枚です。
大騒ぎするほどの事はなんにもない、
ありきたりなスナップですが、
そんなエピソードがありました。

デジカメを使う時には、ブレないように注意するため、
「私は三脚さんきゃく、私は三脚。」 と、
自然に自分の中で唱(とな)えながら、
体を固定して被写体に向かっています。
写真を取られるブロガーの皆さんは、どうされていますか?

素人の私ですが、「ライター」 (ここでは最後の 「タ」 に
アクセントがくる、書く人の意味) 兼 「三脚」 を気取れる
ブログというこの趣味を、今ではとても大切に思っていますよ。


同時に、生産性とセンスの無さも、痛いほど自覚していますが。(苦笑)

追記 : 今回のアップで、のべ記事数が 111件 になりました。 (おっ!ぞろ目だ。笑)
[PR]
by fumichoco36 | 2007-10-26 18:28
安さ+α の 「グッとくる」 ポイント -その2-

  晴れの日 が続いていて、ほぼ毎日布団が干せるのでうれしいです。

  最近、日によっては夜になると、居間に座っていても寒いので、
  背中から毛布をかぶって、「座敷わらし」 のような格好をしている時もありますよ。(笑)

  朝は暖かい布団が心地良いので、起き出すのに気力がいる時期になりました。

昼間、外を歩いているときに見上げたら、今までの季節よりも空が高く感じます。
秋に入りましたね。


中2日の間隔が開きましたが、【安さ+α の 「グッとくる」 ポイント】 -その2- を、始めてみたいと思います。 


a0094526_23301053.jpg皆さんはインスタントコーヒーを、普段飲まれていますか?
私はデミタスカップでちょっと飲みたい時とか、
気持ちや時間にゆとりがない時に、愛飲しています。
ゆったりしている時は、レギュラーコーヒーをドリップで落として、味と香りを楽しみますが、
普段はもっぱらインスタントのお世話になっていますよ。

左の画像は詰め替え用の商品です。
ブレンディ コーヒーオリゴ糖入り インスタントコーヒー 袋70g (AGF) 

最近はインスタントコーヒーにも、こういった詰め替えタイプのある種類が増えてきましたね。
飲み終わった後の空ビンを、「何かの時に使うだろう。」 と思って捨てられず、
数えてみたら15本も(!)貯めこんでいました。



そんな私にとっては、中身分だけのお値段で買える詰め替え用は、ありがたい商品です。
安くなった時を見計らって買ったので、¥111 でした。


a0094526_23302757.jpg
「ビフィズス菌を増やして、腸内環境を良好に保つ!」

何やらヨーグルトのようなキャッチコピーですね。

なんでも大腸に住むビフィズス菌のエサになる、
「コーヒーオリゴ糖」 が配合されているそうです。
パッケージ表にもありますが、商品そのものに、甘さはないようですよ。

今飲んでいる、別の種類のインスタントコーヒーがまだあるので、
こちらを飲むのは、しばらく先になりそうです。




実際のところ、うたい文句にあるような効果は、特に期待していないんですよ。
でも、メーカーがプッシュしている商品が安くなっている時には、
「おっ、ちょっと試してみようかな?」 というくらいの気持ちには、させられますね。


商品名をクリックしてもらったリンク先にある、このシリーズのHPには、
実際に飲んだみたかたの、 体験レポート が掲載されていましたよ。
もし、お腹の調子に気をつけていて、興味を持たれたかたがいらっしゃれば、読みに行ってみられてはいかがでしょうか。

私の場合は、普通においしければ、それでいいです。
繊維は野菜で摂(と)りたいし、歩き回るので、便秘対策は何とか間に合っていますから。(笑)




a0094526_23304159.jpg
次はプリンミックスです。
ずっと昔、私が子供だった頃から、こういった類(たぐい)の、
家庭で手軽に作れるデザートの素ってありましたよ。

例えば 「フルーチェ」 しかり、 「シャービック」(懐かしい !) しかり。
皆さんも1度は作られたことがあるのではないでしょうか。

「とろけるプリン」 (永谷園) 

永谷園って、お茶漬けやふりかけ、お吸い物といったもの以外に、
こういったデザート商品も出しているんですね。

今年3月に発売されたものらしいです。
発売から半年過ぎて、夏場が終わったためなのか、
定価¥200の品が、在庫一掃価格の¥99 で販売されていました。


プリンが好きで、製品を買ってもくるし、卵と牛乳から家で作ったりもします。 (5月27日 弊ブログ参照)
これはその中間的な存在ですね。 
牛乳とプリンミックス粉を混ぜて、冷やして作るようですよ。


a0094526_2330555.jpg
子供でも作れるような、肩のこらない簡単さが、何だかいい感じです。

私が買った時に 「グッときた」 ポイントは、
仕上げに水で溶かしてかけるという、
「粉末カラメルシロップ」です。
いかにも子供受けしそうな、チープ感(失礼!)が、
かえってたまりません。
作るのが楽しそうです。


あとは、箱裏側にうたい文句として書いてある、
「口の中でとろけるような食感」 も、どの程度のものか楽しみです。


a0094526_233189.jpg

¥99プラス牛乳代で、作る前からこれだけワクワクできたのだから、
味がそこそこ以上ならば、元を取ったも同然と言えそうです。

ビバ!インスタント。 安上がりな舌で良かった。(笑)   
[PR]
by fumichoco36 | 2007-10-24 09:41
安さ+α の 「グッとくる」 ポイント -その1-
物を買う時って、安さだけじゃなく、あと一押し 「グッとくる」 ような何かが、自分の中で理由として欲しいですよね。

そんな観点から、最近買った物の中のいくつかを、ピックアップしてみたいと思います。
読んでいただくかたの、何らかの参考になるかどうかすら、微妙 ですが。(笑)


a0094526_1515529.jpgまず手始めは、ハンドクリームから。
手荒れしやすい私にとって、ハンドクリームはゴム手袋と併用して、年間を通しての必需品です。

今までのところは、まだ特に決まった銘柄を、指名買いしていません。
その時に使っているものがなくなりしだい、店頭で気になった商品を選んでいます。

そして今回買ってみたのが、
コエンリッチ Q10 ホワイトハンドクリーム ディープモイスチュア
 (コーセーコスメポート)


ここ何年かで目にする事が多くなった、Q10 シリーズ商品の1つですね。   

上記でリンクを貼った、メーカーの商品情報ページの、
向かって左側にあるオレンジ色パッケージの商品は、
去年も見かけたのですが、こちらの赤い商品は、
今年初めてお目にかかりました。


日常的に使うので、内容量 80g のビッグサイズを選びました。
何店舗かで見比べた中での最安値は、私が買ったお店での¥398 でしたよ。


手肌に良いとされる成分が配合されている、という点では、
どこのメーカーの商品にも、そんなに大差はないと思います。
封を開けて使ってみたのですが、無香料で特に変わった使用感ではありませんでしたよ。

これでは商品レビューとしては、内容がお粗末ですが、底値価格 の参考になさってみて下さいね。


【補足追記】 翌日、再びハンドクリームを使ってみました。
         テクスチャー(材質感)は、やや固め。
         それゆえ悪く言うと 「のび」 が良くないのですが、
         そのぶん、ほんの少量をしっかりなじませるようにすると、
         肌に浸透した後は、うるおい感が持続しそうな気がしますよ。
  
        


私のブログを見に来て下さっているかたは、きっと 「おいしい物好き」 さんの割合が多いのではないでしょうか。 
だからここからは、そっち関係の商品中心に、スポットを当てていきたいと思います。(笑)

a0094526_15591813.jpg
クルミドレッシング (アサムラサキ) 

我が家では、こちらのメーカーの 「かき醤油」 を愛用しているのですが、今回はドレッシングのご紹介です。
メーカーのHP (上記リンク先) によると、定価は ¥350 とありますね。
お世話になっている、近所の マニアックなスーパー にて(笑)、¥138 で購入しました。
いつも助かってます。


a0094526_1695865.jpgまだ開封していないのですが、表にでかでかと書かれた、
「クルミ」 の黒文字に、
グッときてしまいました。(笑)

原材料名を読んでみると、ごまドレッシングの
ナッツ類バージョン っぽい事が
書いてあります。


生の ほうれん草サラダ なんかにかけても、おいしそうです。
同じほうれん草で言えば、おひたしなんかにも合いそうだし。



a0094526_19364692.gif青菜類の旬の季節、冬がやって来るのはまだ先の話なので、しばらくは寝かしておく事になりそうですが、
食べた時にはまたブログで、その味の感想をアップするかもしれません。


と、ここまで2品ぶん書きまして、記事内容としては、まだ半分です。
先が長くなりそうなので、その1・その2 と、2つに分ける事にしますね。
というわけで、その1 はここでいったん終了です。


では、おやつにしましょうか。

a0094526_1626446.jpg

京銘菓 阿闍梨餅 (阿闍梨餅本舗 満月)   は、皆さんご存知ですか。
お土産にもらって食べた事がある、とおっしゃるかたは、多いのではないでしょうか。

これは、それを思いっきり チープ にしたような雰囲気 (失礼!) の商品です。
「つぶあん」 が無性に食べたくなる時って、皆さんにはありませんか?

実物はこれよりもさらに、ひと回りに大きいのですが、¥59 で売られていました。
がわの生地は、うたい文句通りの 「もちもち 食感」 で、甘さがしっかりと付いています。
このあたりが、甘さ控えめで上品な 「阿闍梨餅(あじゃりもち)」 との違いでしょうが、その親しみやすさも、またいいものです。

サンドされている粒あんは、あずきの皮がややつぶれめで、それほど量がたっぷり入っているわけではありません。
でも普段のおやつとして、疲れた時に、ほっこりと食む(はむ)のには、ピッタリの味わいですよ。



a0094526_1155268.gif
[PR]
by fumichoco36 | 2007-10-21 20:13
梅干し味の飴 と すっぱい果物のジュース
a0094526_13422642.jpg
右の画像の小型のヒマワリは、3日前の10月16日(火)に撮ったものです。
10月も早や半ばになろうというのに、いまだに咲いてるんですね!

撮影時刻は16時前頃だったんですが、
‘秋の午後のまったりとした空気感’ が、写真に写りこんで見えますか?

夜などは寒いくらいの気温になってきましたね。
うっかり薄着のままでいると、風邪をひいてしまいそうです。 <皆さんも気をつけてね。

昼間でも、背中に太陽 が当たる位置に座っていると、ポカポカと心地良くて、
寝不足気味の日などは、つい集中力が途切れて、ボーッとしてしまいます。





a0094526_13425425.jpg普段なら、店頭に並び始めたばかりの新商品を買うような事は、あまりないのですが。

1ヶ月ほど前に始めて見かけて以来、目を惹(ひ)きつけられる 渋いデザイン
パッケージが、気になっている商品がありました。
それが左の画像の 「男梅キャンデー」 (ノーベル製菓) です。

飴(あめ)は嫌いじゃないのですが、私が購入したいお菓子の種類の中では、
優先順位は、どちらかと言えば低いほうになります。

だから買うとしても、好みの味の物が一袋あたり、
¥100前後まで下がった時に限られます。

この 「男梅キャンデー」 は、そんな私の基準からすると購入価格が¥149 と、
じゃっかんお高めの部類に入るものでした。

最近何店舗かのスーパーで見かけるようになって来て、
高いところでは¥198 の値段がついています。


物を買う時には、『タイミング』 ってありますよね。
その日はなんとなく、買ってもいいような気がしたので、思い切って購入してみました。



a0094526_13441666.jpgところで皆さんは、どんなタイプの梅干がお好きですか?
私は 大粒で肉厚なやわらかい食感のもの を、好んで買っています。

そこそこに塩分を含んでいるものなので、やわらかい果肉を包丁で半分にして、
1度に半ケぶんぐらいも食べれば、それなりに満足できます。

私にとって梅干しは、a0094526_2348409.gif
「毎日というほどじゃないけれど、時々ふと食べたくなるもの」
なので、冷蔵庫に常備しておきたいと思う味の1つです。


左の写真を ジーッと見ていると、口の中につばが出てきて面白いですよ。
ちょっとやってみて下さいね。 (余談ですが、そろそろ新米のおいしい時期ですね。)



a0094526_13431151.jpga0094526_13432586.jpg飴(あめ)の話に戻りますね。
外袋裏側にあるキャッチコピーから、
濃いそうな味が想像できます。

個包装は、実物大に合わせて画像を加工してみました。
わりと小さめなサイズですよ。




「男梅」 という、硬派なイメージを打ち出したネーミングからすると、はっきりとした味わいが期待できそうです。



a0094526_13434884.jpga0094526_1344168.jpg中身の飴です。
あまり着色されていないようで、ほのかな色合いです。
小さいサイズとその淡い色合いのために、デジカメのピントが、やや合わせにくかったですよ。(笑)


実際に食べてみると、まず最初に 「しょっぱさ」 を感じました。
塩がしっかり含まれている事が、うかがえます。 ほのかな シソ の風味も感じられますよ。

一粒試食しただけではわからなかったのですが、原材料名を読むと、梅肉 も入っているようです。

しっかり 梅酢 の味もするので、当然 「すっぱい」 です。
そして基本的にはキャンディーなので、もちろん 「甘く」 もあります。

というわけで小さな一粒ですが、濃い味 だと思います。
梅干そのものがお嫌いでなければ、おすすめできそうですよ。

a0094526_1345113.jpg

すっぱい物つながりで、ジュースも1種類、ご紹介しておきますね。
「ビタミンC No.1果実 カムカム」 (伊藤園)
350ml入りが1本¥39 だったという値ごろ感も手伝って、
「男梅キャンデー」 と同じ時に、試しに買ってみました。(おそらく処分価格だろうと思われます。)

実はまだ飲んでないので、味のレポートが出来ないのですが、
皆さんは 「カムカム」 というフルーツを、ご存知ですか?
何でも ビタミンC が多く含まれているらしいですよ。 
(レモン の約27倍、アセロラの約1.6倍相当との事。)

こちらの味にも、梅の飴と同じく 「甘ずっぱさ」 が期待できそうです。
ただし、梅干し のような 「しょっぱさ」 の要素は含まれていませんが。

これからの時期は、汗をかく夏場のように 「ゴクゴク飲みたい!」 という
衝動にかられるようなことはなさそうですが、
疲れてすっぱい物を体が欲しがる時は、季節を問わずにありそうなので、
そんな時に封を切る事にしようと思います。
[PR]
by fumichoco36 | 2007-10-19 07:45
豚タンハム と 薬味 ・ 調味料

a0094526_175097.jpg豚タンを1本丸ごと、ハム状に加工してある商品を買いました。

右側の画像がそれなんですが、個々の商品で重さの個体差がかなりあったので、
恥ずかしながら店頭で、内容量表示の数字をいくつか見比べて、
選ばせてもらいましたよ。                                           

ご覧いただいているかたの中には、画像を見て グロテスクさ  を
お感じになるかたも、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんね。

さっき 「個体差」 と書いたんですが、豚の舌の形そのもの なんです。
ブログアップ用に、大きさを少し縮小したんですが、重量感は伝わりますか?

    


商品の裏側に貼ってあるラベルを見ても、原材料のトップに 「豚舌」 とありますね。
内容量の 284g は、私が見比べた中では、最重量のものでした。
ものによっては200gちょっとと、やや小ぶりなものもあったので、
せっかくならばと大きくて形の良いものを、選ばせてもらったというわけです。

もちろん当然のマナーとして、見比べたあとは、商品をきれいに並べ直しておきましたよ。
「発(た)つ主婦あとを濁(にご)さず。

お値段、いくらぐらいだと思われますか?  実は意外と安くって、¥299 なんです。
始めから薄くスライスして、少量ずつパックになっている商品もありますが、
きっとそれよりも、かなりお得な価格設定だろうと思います。

そして何より、食べる直前にスライスするほうが、空気に触れる時間が短いぶん、おいしいですよね。
厚さの調節も、好きなように出来るし。 



a0094526_17504252.jpg先端のほうから、
食べる分量だけスライスしてみました。 

包丁で切りながら、
「胸先三寸」 という言葉と、
「舌の根も乾かぬうちに」 という言葉が、
ごっちゃになり、「舌先三寸」 なる
言葉が、頭の中で発生してしまいました。

でも今ブログを書きながら調べたところ、
「舌先三寸」 という言葉も、
ちゃんと存在するようですね。



ちなみに意味は 「口先だけ。口ばかりで心がこもっていないこと」 だそうで、
「口は達者だが、舌先三寸 で誠実さに欠けている」 というような、使い方をするそうです。 ひとつ賢くなりました。(笑)


さらに言えば、「胸先三寸」 は誤用で、正しくは「胸三寸」 だそうです。
「胸三寸に納める(むねさんずんにおさめる)」 ・・・ 心の中に納める。胸の中に秘めて顔に表さないようにする。 とありました。

せっかく意味を調べても、普段あまり使うことがないので、すぐに忘れてしまいそうですが。


「舌の根も乾かぬうちに」 のほうは、「(そう)言ったばかりなのに」 という意味で、こっちはたまに使う事もありそうですね。




a0094526_1750583.jpg「舌」 の形のインパクトが、あまりにも強かったので、
話が思いっきり理屈っぽくなってしまいましたね。
お許しください。

一日目は冷製の盛り合わせにして、いただきました。
お皿の中の向かって右下から、時計回りに 
豚タンハム → 角切りチェダーチーズ → 茹でズッキーニ
→ もどし生わかめ
 です。

ズッキーニ は写真で見ると、
塩もみキュウリみたいですが、
お皿の中に青みが欲しかったので、みそ汁の具として
やわらかく茹でていたものを、急きょ抜擢(ばってき)しました。

「みそ汁の具にズッキーニ? と思われるかもしれませんが、
全然違和感はないし、むしろ良く合うんですよ。


もともとナス科の野菜で、トマト煮などにも使われるし、
第一みそ汁の懐(ふところ)の深さにかかれば、たいていの食材はおいしくなっちゃいます。
さすが天下の 「miso-soup」! ワールドワイドですね。




a0094526_17511485.jpga0094526_17512882.jpgまた話が脱線しかけてしまいました。

食卓に出す直前に、
少し味付けをして、薬味を添えました。

茹でズッキーニ と 生わかめの部分に、
マヨネーズと、納豆に添付されていた、
「とろ~り たまご入り醤油たれ」
なるものを、少しずつかけてみました。

このたれには、最初から材料として 「卵黄
入っていて、パッケージのキャッチコピーには
「卵かけご飯のあのおいしさ・・・」 とありました。


どんな味かと思い、実際にかけて食べてみたところ、納豆に合うのはもちろんのこと、卵黄が入っているぶん
味がまろやかなので、野菜類にかけても、当初のもくろみどおり、おいしくいただけましたよ。



「柚子わさび」 のほうは S&B食品 の商品で、今ならあちこちで出回っていると思いますよ。
私はスーパーの売り出し時に¥88 で買いましたが、近所の百均ショップにも置いてありました。

「柚子こしょう」 ならよく聞くけど、「柚子わさび」って?と気になったので、購入してみたのですが
文字通り 「柚子こしょう」+「わさび」÷2 といった味わいです。

だから火を通した肉料理のみならず、お刺身や冷奴の薬味なんかとしても、また使ってみたいな、と思っていますよ。



a0094526_17514287.jpga0094526_1752039.jpg店頭で出会ったら、試してみようかな? 
と思われるかたのために、
パッケージ写真をアップしておきますね。

メーカーHPの商品情報、納豆のほうは見つかったんですが
柚子わさびのほうは、すぐには見つかりませんでした。
とりあえず、クチコミ情報のページのURLを貼っておきますね。

金のつぶ 「とろ~り たまご入り 醤油たれ」
(ミツカンHP)
 
 

・極小粒の食感がお嫌いでなければ、おいしく召し上がれると思いますよ。 購入価格は¥99 でした。



ゆず皮入り 「柚子わさび」 (S&B) のクチコミ情報 
 ・何名かのかたがレビューを書かれているので、参考になさってみて下さいね。



a0094526_23204024.gif
[PR]
by fumichoco36 | 2007-10-17 21:55
母きたる - ちらしずし・かきあげ 実食編 -
ここ何日間かで、急に気温が下がり、肌寒く感じるようになりました。 皆さんのお住まいのところではいかがですか?

さて今回は前回に引き続き、「実食編」 をお送りしていきたい、と思います。


a0094526_1311984.jpgまずは、ちらしずしから。
ご家庭によって、中身の具はさまざまだと思いますが、
私の母が作ってくれるものは、具だくさんです。 

ちらしずしの作り方の手順は、ざっくりと言えば、
①中身の具を煮て、味付けする ②酢飯と合わせる ③盛り付ける 
という 3ステップになるかと思います。

その各段階ごとの具材料を、ちょっと書き出してみますね。
①「煮る」 ごぼう・にんじん・しいたけ・海老・鶏肉
②「合わせる」 青じそ
③「盛り付ける」 白ごま・錦糸玉子・糸のり



ふと思ったのが ①の煮る段階でさらに、「里芋」 を加えたものが、母の作る 「炊き込み御飯」 の具だ、という事。 
実家を離れて住んでいる私の弟と妹が、もしこの記事を読んでいたら、「そうそう!」と、首を縦に振ってくれるだろうと思います。
以上3行、めちゃくちゃ狭い範囲向けの話題でした。



a0094526_1313755.jpg前の記事にも書いたんですが、子供の頃からこれを食べて育ち、
舌になじんだ味というものは、文句のつけようがないですね。

今回いただいた 「ちらしずし」 は、酢がそれほど勝っておらず、
まろやかな味わいに感じられました。

我が家は3人きょうだいの5人家族だったのですが、私が子供の頃、
母はこれを木桶(おけ)いっぱいに作っていたのを、思い出しました。
今回もたくさん作って、私のところ以外にも持って行ったのかな?
その手間を考えると、あふれるパワーを感じます。 恐るべし 還暦!(笑)


作り方の話題にもどると、①の段階でいいダシが出るためか、
「海老・鶏肉」2種類のたんぱく質系材料を入れる のが、我が母流なのかもしれません。

②で酢飯と合わせる時に混ぜ込まれた、「青じそのみじん切り」 は、
実家の家庭菜園で父が作ったものかな?と思いますが、どうなんだろう。

この青じそもそうですが、大量の野菜をささがきにしたり、みじん切りにしたりと、
見えにくいところに、結構手間がかかっているんですよね。 ありがたい事です。
私は嗅覚にちょっと自信がないのですが、それが強ければ、もっと青じその風味を感じられただろうに、と思うと残念です。

③のトッピングの段階で作られた、「錦糸玉子」。 これもふんわりとした食感で、ほのかに甘い母の味でした。
上からたっぷり振られた白ごまは、香ばしくていい感じ。
糸のりは、温かいご飯ごはんとラップフィルムにはさまれたせいで、ちょっとしんなりしていましたが、
すし飯本体と食感がなじんで、これはこれでまた、いいあんばいでしたよ。

思い入れ深い、「ちらしずし」 の記述。 ちょっと長くなってしまいましたね。



a0094526_1315172.jpg2品目は 「かきあげ」 です。
この料理は、私が結婚して家を出てから作り出した、
母の料理の中では、比較的新しいバリエーションに入るのでは?と思います。

「ちりめんじゃこ・青菜・桜えび」 などの入った半生のふりかけを、
天ぷらの衣でまとめて、2・3口サイズに揚げてあるものです。

たくさん持ってきてもらったので、2日に分けて食べました。
かきあげ自体にすでに、ちりめんじゃこと衣(ころも)に由来する、
軽い塩味が付いているのですが、食べる時にさらに風味付け程度に、
調味料をサッと振りました。
1日目は 「ポン酢しょうゆ」、2日目は 「ウスターソース」 です。


予想外にも、甘酸っぱいウスターソースのほうに、我が家では軍配が上がりました。
和風であっさりした味付けのほうが合いそうなのに、意外な結果でしたよ。 
とは言っても実家の父も、ピーマンや玉ねぎ、さつま芋    などの天ぷらに、
とんかつソース をかけて食べていたので、かきあげも材料によっては、ソースとの相性は悪くないのかもしれません。    



a0094526_132898.jpg事前連絡なしに来られると困るの何のと言いながら、
頂戴した料理は、結局余すところなくおいしくいただいてしまいました。(笑)

いや、だからこそ、やっぱりちゃんと連絡して来て下さい。
不在にしていて入れ違いになって、せっかくの手料理をもらえなかったり、
それをドアノブの外に、無造作に置き去りにされていたりすると、
かなりショック が大きい ですから。

ともあれ、久々に母の味を堪能(たんのう)させていただき、
ありがとうございました。
体と心で覚えた味は、知らず知らずのうちに、
私が作る料理にフィードバックされている、と思います。  



脈々(みゃくみゃく)と受け継がれていくものを感じながら、私もたんたんと精進していきたいと思います。

本当においしかったです。 ごちそうさまでした。


a0094526_1393299.gif
[PR]
by fumichoco36 | 2007-10-14 18:40