<   2008年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧
地物ゆでだこ の 頭部


聖護院大根を主役した簡単な料理を、何品か作ってみました。

a0094526_1524997.gif
その期間中に、手元にあった3年ほど前の雑誌の冬号を見て、
 大根丸一本の使いきりレシピ  が載っているのを発見。


興味を持って目で追ってみたところ、うまみを持った食材と組み合わせているケースが、いくつか出てきました。
例えばそれは、イカ だったり、 ちりめんじゃこ だったり、豚バラ肉 だったり。


おみそ汁 や なますもどき などの、淡白な味付けもいいけれど、時節柄少しこっくりしたものが、
食べたくなっていたところだったので、次の買い物の時に参考にしようと、もくろみ始めました。




そんなさる土曜日。

スーパーの魚売り場で、私の目にこんなものが飛びこんできました。

地物のゆでだこ ですが、頭の部分 なんです。
a0094526_1432469.jpg
そこに並んでいるほかのパックはすべて、
吸盤のついた 足の部分 でしたが、
その中にひとつだけ、これが混じっていました。

150円って、切りのいい値段だな・・。」
と気持ちを引かれつつも、なんとなく
いったんはその場を後にしました。





150gほどと、ちょうど手頃な分量です。
生食つまり刺身でもOKだという、瀬戸内海産ですね。

a0094526_14162543.jpg
他のものと値段を比較してみました。

これが 100gあたり 98円 なのに対して、
同じ 地物でも 足の部分 は、398円
そして モロッコ産 の足の部分は、208円 となっています。







a0094526_14255334.jpg
a0094526_18103762.gif中身を出した頭の部分なので、
見かたによっては、たしかに
グロテスク なのかもしれませんね。

見比べてみた3種類の中で、もっとも安い値付けが
されているのは、おそらくそういう理由からなのでしょう。

「もったいない。」
私の中でふつふつと、そんな感情が湧き上がってきました。



「どうせ食べる時には切っちゃうから形も気にならないし、
 足も頭も同じ たこ なんだから、おいしさは変わらないのに。」


頼まれもしないのに、いったん肩入れしだすと止まりません。(笑)




その場にたったひとつしか頭部がなかったのが、決定打 になりました。

「今このパックを手放して迷っている間に、ほかの誰かに持っていかれると後悔しそうだな・・。」

ものの2・3分間に、これだけ逡巡(しゅんじゅん)したあげく、とうとう買って帰る事に決めました。




そして、「連れて帰った限りは、おいしく食べられてもらうからね。 」 などと、
心の中で軽くうきうきしながら、冷蔵庫にしまったのでした。



こうしてみると、私も婦女子のはしくれなんですね。

たこなんきん の魅力には、どこかで逆らえないように出来ているみたいです。





     
手元にブログ記事にするべき写真が、最低でもあと4回分はたまっています。 ひ~!
更新ペースは決して早くありませんが、また見に来てくださいね。


広島ブログ
もしよろしければ、お帰り前に1クリック、お願いできませんか?
コメントもお気軽にどうぞ!

[PR]
by fumichoco36 | 2008-01-30 19:52
聖護院大根③  みそ汁 ・ 浅漬け風


  ずいぶん体が冷えるなぁ・・と思って外を見たら、雪!  しかも相当な勢いで降っていました。


今回も聖護院大根の料理です。
記事にするばかりでなく、実際にも手を変え品を変え、
延々(えんえん)と食べ続けていますので、タイミングを見計らいながら、じょじょにアップしていきたいと思います。



まずは前回の続きの汁物から。
みそ汁の具にしたんですが、大根だけでは旨みに欠けそうだったので、干しまいたけ も加えてみました。

a0094526_1511239.jpg
a0094526_17393170.gifこの乾物食材、さっと水洗いしたあと、
そのもどし汁まで、おいしく使える
というのがポイント です。

私の場合は、洗った直後のやや硬いものを使って、
そのままみそ汁を作ります。

a0094526_17371838.gifこのやり方でも作業中にもどるし、
出来上がってから食べるまでの時間が、
我が家では結構長いものですから。




a0094526_1539684.jpg
前回食べてみて、聖護院大根というのは、
一般的な青首大根よりも、キメの詰まったものだ
という事がわかりました。

水分が少ないわけじゃないけれど、
みずみずしくシャクシャクしているというよりも、
むしろ  カブに近い密な食感  です。

輪切りにした時の 肌理(きめ)の細やかさ といったら!
私もあやかりたいものです。




a0094526_15552848.jpg

梅肉あえにして生で食べたものが、結構おいしかったので、
今回も火を通さないものを作ってみました。

塩もみしたあとで、 だし醤油 ・ ラー油 ・ 一味  各少々で、
味を調えています。

前回ひと口目をややしょっぱいと感じたので、
それをふまえて、今回は調味を控えめにしてみました。

削りがつおと一味でちょっとお化粧して、完成です。

あっさり味の、箸休め的な浅漬け風に仕上がりました。






a0094526_17455981.gifそれにしても雪が、容赦なく降り続いていますね。
窓から駐車場を眺めると、車上にうっすらと積もり始めましたよ。


ここは広島の平野部で、どちらかというと温暖なところなので、
これだけ勢いのある雪が降るのは、ほぼ一ヶ月ぶりです。
このぶんだと積もるかもしれませんね。


明日は買い物に行きたいと思っているんですが、心配になってきました。
せめて路面が凍結しませんようにと、今はただ祈るばかりです。

広島ブログから、こちらに来られた皆さん・・
[PR]
by fumichoco36 | 2008-01-29 00:13
聖護院大根②  炒め物 ・ 梅肉あえ

a0094526_17281987.gif1つ前の記事を書いてから、これまでにすでに2回、
聖護院大根を使って、料理とも言えないような簡単なものを作っています。

これから追ってそれをアップしていきますが、
筆者の私と読者の皆さんの両方が飽きないように、
ときどき別な内容の記事をはさみながら、進めていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

なんてったって 1kgちょっと あるので、先は長いですから。



a0094526_15111740.jpg
調理初日。
火の気のない寒い部屋に置いてあった丸一本を、
台所に持ってきました。
なにしろでっかいので、最初の入刀時には、
どこをどれだけ使おうかと、軽く途方にくれました。

とりあえず本体のお尻の部分と、
葉っぱの部分何本かを、切り取ってみました。




a0094526_15195117.jpg
何を作るか考えながら、料理の種類に合わせて、
大きさをカットしていきます。
左から順に、
 炒め物用 ・ 汁物用 ・ 和え物用  です。

聖護院大根料理だけ、というわけにもいかないので、
簡単に出来るほかの献立と、合わせて準備中です。

 並走中 イメージ。 





この記事では流れの都合上、炒め物と和え物の二品だけを、アップさせていただきますね。

a0094526_15315523.jpg
まずは、葉っぱの部分を使った炒め物です。
Aちゃんの晩酌のおつまみとして、作りました。

一緒に炒め合わせているのは、
アメリカンミートステッィク なる、商品名のものです。

写真ではパッと見、さつまあげを切り刻んだ
もののようにも見えますね。

あらびきソーセージのようなものなので、
フライパンで焼いていると、脂がにじみ出てきます。

そこへ大根葉を投入すれば、別のオイル類を
使わなくても、炒め物ができるというわけです。



仕上げに塩とブラックペッパーで味付けしました。

おつまみ用だったので、私はこれを食べていないのですが、
a0094526_18143088.gifAちゃんによれば、茎の繊維質が口の中に残って、ちょっと気になったとのこと。

言われてみれば想像がつきましたので、次回は先にサッとゆでてから、炒めてみようと思います。
課題その1です。



a0094526_15571747.jpg
二品目は、梅肉あえ です。
ここ で記事にした 「梅じまん」 を、
味付けに使ってみました。

大根は塩もみして、水気をしぼってあります。
塩蔵生わかめは、洗って水で軽くもどして、
細かく切っておきました。

2つの材料をボールで合わせて、
「梅じまん」 少量で味を整えます。

小皿に盛り付けたあとで、
てっぺんをもう一度、「梅じまん」 で飾りました。



こちらは私もいただいたのですが、ひと口目に ん、しょっぱいか?                 と感じてしまいました。

a0094526_1812174.gif何も参考にせずに作ったんですが、あとになって手元にある本で、大根なますの作り方を確認してみました。
すると、「塩もみしたあとに洗ってしぼってから、味付けする」  との記述あり。


食事し終わるころには、最初に感じたほど塩辛い印象は残りませんでしたが、これも次回以降の課題とになりました。




     
とても地味な記事になってしまって、
筆者の私自身がとまどっています。
こんな時もあるのかもしれませんね。

広島ブログ

よろしければ、お帰り前に1クリック
お願いできませんか?

コメントもお気軽にどうぞ!

[PR]
by fumichoco36 | 2008-01-27 23:05
聖護院大根①  購入編


a0094526_18363143.gif食料品だけに限っても、毎日のように値上げに関する情報を、目にするようになりました。
末端の一消費者としては、残念ながらなすすべもなく、ただ節約に努めるばかりですが。

しかしそんな中でも、家計の心強い味方になってくれているものがあります。
野菜 です。

水不足の時などには、価格が高騰していた記憶もあるのですが (キャベツひと玉が 500円!とか)、
今は安定供給されている時期のようですね。



先日行きつけのスーパーの店頭で、こんなものを見つけました。

a0094526_14442965.jpga0094526_14455790.jpg
 聖護院大根  ご存知でしょうか?

そこのお店では、当日に安く買える
いわば 「目玉野菜」 は、外に並べてあります。




太陽光で品定めできるというのは、私にとって結構ポイントが高いことなんです。
外で育った野菜の品質の良し悪しを見きわめるには、
やっぱり太陽の光の下が一番 G だ!
と思うのは、ただの気分的な問題なんでしょうか。

ある程度個体差のあるものの中から、
とりわけ大きくてずっしり重たいものを、選んで買って来ました。



いくつか手に取って比較してみたあとで、陳列を元どおりきれいに戻しておくのは、主婦なりのダンディズムです。




言葉で 「大きい ・ 重たい」 といっても、伝わりにくいかもしれません。

a0094526_1511372.jpg
体重計の上に乗せてみると、
1kgちょっと ありましたよ。

寒い日が続いているのもあって、
必要な時以外は、なるべく買い物に出かけないように
しているんですが、これだけの量があれば、
しばらくは野菜に不自由しなくてもすみそうです。

68円 という低価格も、見どころのひとつですね。
当面の間、色々に形を変えて、私たちを楽しませて
くれるであろう食材にして、このお値段!
a0094526_20481120.gifただ感謝するよりほかにありません。





a0094526_15313627.jpgこれだけ立派に育っているのだから、
もしかしたら 残留農薬       にも、調理する時に、
気をつけなければいけないのかもしれません。
例えば、皮を厚めにむくとか。

しかし我が家では、きれいに洗ったあとは、
干からびて食べられなさそうな部分以外は、
丸ごと食べきってしまおう! と思っています。           

本当によく知れば、どう対処するかも
また違ってくるかもしれませんが、
もっかのところは、そうしておくつもりです。






a0094526_15311433.jpg 聖護院大根。 
名前には 「大根」 とついていますが、
イメージ的には 「大きなかぶ」 ですね。

店頭で見かけた時から、寒さに負けない、
冬野菜のたくましさ               みたいなものが、伝わってきましたよ。

生でも煮ても、場合によっては炒めても。

数ある野菜の中で大根もまた、
色々な調理法に対応してくれるもののひとつです。

 今この原稿を書きながら、
 雑誌の大根料理のページを開いているんですが、
そのおいしさを生かすために合わせる食材を、
次の買い物で見て来るのが、楽しみになってきました。
いわば イメージトレーニング ですね。






a0094526_1610991.jpg最後は私が購入した際に、
グッとひかれたポイントについて、書いておこうと思います。 
それは 本体の肌理きめ

写真は、縦に生えている大根を横から見たものなんですが、

 ただツルッとなめらかなわけじゃなくて、
 年輪のように見える模様が入っています。

そして人間の肌に例えると 「毛穴」 にあたりそうなものも、
いっぱい見えます。

    育った土が、砂利混じりで
 硬いものだったんじゃないだろうか。






冬の冷たい空気の中で、黙ってじわじわ成長してきた感のある、この大きなかぶに、勝手に共感 を抱いてしまいました。




     
大きなかぶら」 という童話があったと思うのですが、
筋が思い出せず、まだ調べてもいません。
それについては、またの機会に。

広島ブログ

よろしければ、お帰り前に1クリック
お願いできませんか?

コメントもお気軽にどうぞ!

[PR]
by fumichoco36 | 2008-01-26 00:08
過疎ブロガー の ひとりごと


更新作業に取りかかってから、アップするまでの時間がやたらと長いのは、私のブログの特徴です。

だから昨夜アップした記事の冒頭に、演歌 氷雨ひさめ をほうふつとさせる天気だ、などど書いているのに、今日は雪。
タイムラグがあるせいで、ときどき文章に感覚的なズレが生じている事を、許してくださいね。


a0094526_16413948.gifそんなわけで、今日は雪です。
レミオロメンの曲、粉雪 を知っているかたなら、
サビの部分のフレーズが、頭の中でリフレインしているのではないでしょうか。    こな~ゆきぃ~♪

冬の空模様は変わりやすくて、粉雪が降りながらも、照ったり曇ったりを繰り返していますね。
冬生まれなのに寒さが苦手な私は、こんな日はなるべく、家にこもっていたいです。
a0094526_174218.gif


おかげさまで停滞気味だった食欲も、今日は復活しています。
冬の天気と同様に、こちらにも波があるようです。

a0094526_17123712.gif精神面からの影響も少なからずあって、例えばこのブログに、めったに来ないコメントをいただいたり、
訪問者数がいつもよりほんの少し多いだけでも、無意識に テンパった状態 になってしまうみたいです。


身がひきしまる思いがすると同時に、 内なる興奮状態が生じて、食欲と睡眠欲がお留守の状態になってしまう。
はしゃぎすぎた子供が、知恵熱を出すのと同じような原理 なのかもしれません。
お恥ずかしい限りです。


そして今日は、訪問者数が通常ベースに戻りましたので、いつもどおり静かに更新作業を進めています。
さみしいのがデフォルト  というのは、ブロガーとして、いかがなものなんでしょうか。(笑)


食べたい・寝たい   という基本的な欲求が復活しただけでも、とりあえず良しとしますか。



別の記事の前置きにしようと思って書いていたら、うっかり長くなってしまいました。
タイトルに困りますが、ひとりごと としてアップさせてくださいね。





小ネタついでに、もうひとつ。
ブログの訪問者数つながりの話題なんですが。

私自身の中で、1日にできればこのくらいは来ていただきたい、という
最低目標訪問者数のハードル があります。 a0094526_17161350.gifその数字は、「8」

8名様以上に来てもらえたら、自分のブログにOKを出してもいい事にしているんです。


a0094526_1718355.gifおかげさまで最近では、たいていこの基準をクリアできるようになりました。
しかしこればっかりは、思うようにいかない日だってあります。




午前0時。
前日の訪問者数が8名様に満たなかった時、私の口を自然に突いて出てくる、演歌のサビの部分があります。

ヒュ~ルリ~ ヒュ~ルリ~ララ~・・♪

もし夜中にどこからか 越冬つばめ が聞こえたきたら、私が歌っていると思ってくださいね。(笑)


a0094526_174851.gif




     
手元にブログ用に撮った写真がたまってきました。
あまり置いておくと鮮度が落ちそうなので(笑)、
順次記事を書いて、早めにアップしたいものです。


広島ブログ
よろしかったら、お帰り前に1クリック
お願いできませんか?

励みになりますので、コメントもお気軽にどうぞ!

[PR]
by fumichoco36 | 2008-01-25 00:06
ご飯のおとも 「梅じまん」


しんしんと冷えていますね。

「氷雨(ひさめ)」 という演歌の詞の中に、外は冬の雨、まだやまず・・ というフレーズがあります。
これが時々頭の中で流れるので、掃除機をかけながら知ってる部分だけ、1人で歌ってみたりしています。 もっと酔~うほどに♪

 
寒い毎日が続く事もあって、夏場ほど外を出歩かないのが原因でしょうか。
ここ最近、すがすがしくお腹がすかないのです。

そうは言っても、ちゃんと三度三度いただいていますので、そこはどうぞご心配なく。


もしかしたら体が知らず知らずのうちに、冬眠モードに入っているのかもしれません。
できれば消化機能を含めて、お休みしたい! という、
内なる声が聞こえてくるような気がしてなりません。


しかし人間そうもいかず、朝から晩までの1日を過ごします。
時間が来れば、それなりに何か食べておかなければ、次の仕事にも入れないのです。


今回は、いまいちふるわないそんな時の食欲を、
さりげなくアシストしてくれるご飯のおともを、ご紹介していきたいと思います。



a0094526_16491678.jpg
梅 じ ま ん  (磯じまん)

これはお正月入りする前に買っておいたものなんですが、
いわゆる  ご飯がススム君  なんですよ。

当初の目的は、年末年始でスーパーの食材の値段が上がる時に、
とりあえずご飯さえおいしく食べられれば、
あれこれ買わなくても何とか乗り切れるだろう、というもくろみでした。

メーカーHPで提案小売価格は 294円 となっていますが、
私が買った時は 138円 でしたよ。

トップページに、この製品のリューアル情報があるので、
もしかしたら旧商品が安く販売されていたのかもしれません。



梅干しペーストがベースになっていて、そこに味付けがされているようです。
もちろん、「おいしそうだ。」 と思ったから買ったわけなんですが、
これが文字通り、じつに 「いい塩梅 なんですよ。




a0094526_1651308.jpg
梅干しそのものが 好き で、たいていは常備しているんですが、
今回はちょっと目先を変えて、目に付いたこちらを試してみたんです。

トロッとしたゆるいテクスチャーです。
かつお節や赤紫蘇の葉が、細かく刻まれて入っているようですね。
どの材料の味も突出していないので、しょっぱすぎず、すっぱすぎません。

瓶に貼られているラベルシールを、よく読んでみました。
原材料の中に みりん・はちみつ・りんご といった文字があります。

まろやかに仕上がるよう、よく考えられて作られているんでしょうね。
実際にきつすぎなくて、マイルドな味わいですよ。





a0094526_16531279.jpg
ご飯の上に少量置いて、ゴマしおとともに
食べるのはもちろんのこと、納豆 にもよく合います。

a0094526_18372736.gif
納豆にカラシやねぎなどは乗せないで、
これと添付のタレだけを混ぜていただくのです。

もともと製品に、だし材料が入っているので、
タレの味とケンカしないがいいのかもしれません。


買ってすぐにではなくて、何度か食べてから
こうして記事を書いているので、食べかけの状態で、
なんだかきたならしく見えてしまったら、ごめんなさい。



 思わぬ スマッシュヒット! だったので、紹介が遅れたけれど、
    そのぶんじわじわと、おいしさを実感していたんだな・・と受けとめていただければ幸いです。


「くせになる」 という種類の味ではないですが、しっくりと舌になじんで、しみじみとおいしいですよ。






この冬 『初』 です。
[PR]
by fumichoco36 | 2008-01-24 00:50
資生堂パーラー 菓子詰め合わせ チーズケーキ編 ③

【底冷え】 体の奥底まで冷える(ように寒い)事。


底冷えしていますね。
1月下旬に雪じゃなくて雨が降っているのは、さほど気温が低くない証拠なのかもしれません。
しかしそれでも、体感的には 「寒い」 としか言いようがありません。

a0094526_23123789.gif
食べる目的も、空腹を満たすためというよりむしろ、
冷え切った体を温めるため                 になってしまいそうだと、感じています。


出来れば冬眠したいくらいですが、生活が立ち行かなくなると困るので、そうもいきませんし。

寒さのせいで体に余計な力が入って、全身が肩こりみたいな状態になるのも、この時期ならではですね。

春はまだ遠いですが、風邪をひかないように気をつけながら、一日一日を乗り切っていくよりほかなさそうです。


a0094526_0485293.gif 指なし手袋  を、買っておいたのは正解でした。 (参考記事)
これなしではキーボードを打つ手が冷えるので、あやうくブログの更新を滞らせてしまうところだったかもしれません。
(それでも指先は冷えてしまうのですけどね。)




うっかり前置きが長くなってしまいました。
寒さのせいで、鬱々(うつうつ)となりそうな気持ちは、とりあえず横に置いといて、
"チーズケーキ実食編" に入りたいと思います。



a0094526_1441212.jpg
お皿の上に取り出しました。
何度もくどくて申し訳ありませんが、たったこれだけの大きさで 256円! です。
食べる前から怖気(おじけ)づいてしまって、どうもいけませんね。

ひと思いにつまんでパクッ!などと出来るわけもなく、
半分に カット  していただきました。





a0094526_1450433.jpg
拡大すると、中身の構造がわかりやすくなりますね。

外側が軟らかいタルト生地で、まん中にまるで
 プロセスチーズ  のような、塊が入っています。

もちろんこれはチーズそのものではなくて、
やや甘みが付けてあるようですよ。

同じベークドチーズケーキでも、
私が作ったものとは、まったく別の種類の
食べ物なんだ、と思うよりほかありません。


なにしろ 高価 なものなので、
賞味期限があるからといって、
連食するのは、気がひけてしまいます。




そこで9個中の6個は冷凍、残り3個は冷蔵しておく事にしました。

ほぼチーズで出来ているものを冷凍するのはいかがなものか?と、
思わなくもないのですが、長期保存のためには、やむをえません。

a0094526_23402619.gif

申し上げるまでもなく、看板に恥じる事のない、贅沢なお味でした。
しかし残念ながら私には、 「豚に真珠 ・ 猫 に小判」  的なものだったようです。



そもそも私には 「ブランドネームにお金を払う」 という価値観がないのです。
だからこの製品を買ってまで食べる事は、この先おそらくない、と言い切ってもいいでしょう。

あえて乱暴な物言いをするなら、4つ入り98円で買える、
四角いプロセスチーズを食べているほうが、気楽で身の丈にあっているのかもしれません。



けれど今回運良く手に入って、「リッチな物を食べている!」
という 高揚感 に浸れたのも、また事実でした。

このあたりは、自分の中にある 「小市民性」 を実感させられるところですね。



残りは大切にとっておいて、ここぞ!という時の 「ご褒美スイーツ」                                  にしようと思います。


例えばつらい事があった時、 ブルーになりかけた気分を 上げていくには、
きっとうってつけのカンフル剤になってくれるでしょうから。




a0094526_23291684.gifそういえば 「ティラミス」 の語源がイタリア語で、まさしくそういう意味でしたね。
「私を引き上げて (Tira mi su) 」 すなわち 「私を元気付けて!」





     
このチーズケーキ、「ワインのおともに」 ともあります。
ちなみに下戸の私は、一滴も飲めませんが。(笑)


広島ブログ
お帰り前に1クリック
お願いできませんか?

コメントもお気軽にどうぞ。

[PR]
by fumichoco36 | 2008-01-21 16:31
資生堂パーラー 菓子詰め合わせ チーズケーキ編 ②



a0094526_15302251.jpg
もったいぶっていても先に進めないので、さっそく開けてみましょう。

個包装の中に、いきなり生の本体が入っていました。
もっと厳重に包まれているだろうと、勝手に予想していたので、
ちょっと びっくり!

第一印象は、意外と地味な見た目ですよ。


a0094526_17161328.gifちなみにこの記事の写真も、なるべく 実物大 になるように、
加工しましたので、イメージの参考になさって下さいね。







a0094526_15491830.jpg
ケーキの上下をひっくり返してみました。
たぶんこれが正位置です。 
きっと  逆さまの状態  で入っているのでしょう。

おいしそうに写したくて、午前中の太陽光で撮影してみました。
影の色が濃いのは、そのためですよ。

今回も、同シリーズのチョコレート菓子の時 と同様に、
添付されているリーフレットから、見ていきましょう。

a0094526_1602917.jpg




a0094526_163736.jpg
銀座生まれの銀座育ち。
生粋のお嬢様のようなチーズケーキですね。
私のような田舎者がいただいても、
よろしいのでしょうか。




a0094526_16193138.jpg
a0094526_1725164.gif原材料名のトップに、 チーズ  がきています。
濃厚な味が期待出来そうですね。


先日自作した折 には、クリームチーズ・砂糖・卵 という
3つの材料だけで試してみました。

それに対してこの商品には、
コク深い味わいの元になるのであろう材料が、
いくつかプラスされていますね。





しかしさすがに、「お手並み拝見」 などと言うのは、はばかられます。

なぜならば、一切れあたりのお値段
自作 :41円   資生堂パーラー : 256円!


だからここはひとつ、 「胸を借りる」  くらいの気持ちで、いただきたいと思います。





ちなみに 「胸を借りる」 というのは・・
[PR]
by fumichoco36 | 2008-01-19 20:54
資生堂パーラー 菓子詰め合わせ チーズケーキ編 ①


実はこの記事、続き物なんですが、前回からもう2週間も経ってしまいました。
1月もこの時期になると、さすがに年明け気分が抜けて、通常モードに戻るものですね。


続編を書くのが、どうしてこうも遅れてしまったのか。
どうでもいいような話で恐縮ですが、今回はそのあたりから入らせてくださいね。



a0094526_14392631.jpg
資生堂パーラー  チーズケーキ M

そもそもこちらの品は、頂き物なんです。 (参照記事)

下世話ですが、販売メーカーの商品情報ページで、
価格を確認してみたところ、
信じられないようなお値段が記載されていました。

2,310円 (税込)?!

a0094526_18123144.gifだからおいそれと、普段のおやつとしていただくには、
抵抗があったんです。


冬場で保存に好都合でもあったので、ついつい日を先延ばしにしていました。



しかし賞味期限が 2008.01.28 と、残りあと10日ほどに迫って来ました。
そこでようやく意を決して、食べてみる事にしたというわけです。

写真で右側の1列が抜けているのは、前もって冷蔵庫で冷やしているためです。
せっかくですから、ぜひともベストコンディションでいただかなくては!



a0094526_18174119.gif銀座 ・ 資生堂パーラー の冠を付けているだけあって、
さりげなく椿柄のあしらわれた外箱デザインには、さすがの貫禄を感じさせられます。

食べる前からすでに、ブランドの持つ威力に押されている感があります。



これが実物大の個包装です。(4×4×2.3 センチ)
a0094526_15105150.jpg
せこい、とあきれられても仕方ないのですが、
単純計算して、この大きさで1つ 256円 ちょっとですよ!
もったいなくて、うかつに食べると口が腫(は)れてしまいそうです。


そう言えば、これをもらってくるのを最初に知った時、

a0094526_18401430.gif「前々から、1度食べてみたかったんだ♪」 と、
喜んだのを思い出しました。



ネット上で、このチーズケーキの存在は知っていたのですが、
私にとっては文字通り 高嶺の花 でした。

しかし思いがけず手中に収まると、案外、怖気(おじけ)づいてしまうものですね。



a0094526_1855377.jpg

チーズケーキといえば、私も昨年末に作ったばかりです。

ブランドネーム品と比べるなど、恐れ多い話かもしれませんが、
あくまで 自分の中で 比較出来るのも、
今回の楽しみのひとつです。





     
つねに閉鎖の危機と隣り合わせの、
しょぼいブログですが(笑)、
広島ブログ
お帰り前に1クリック
お願いできませんか?

[PR]
by fumichoco36 | 2008-01-18 20:59
コーヒーの空き瓶を再利用する ②


前回のブログ で最後に書いた、
 ふちの周りに付いた内蓋シール  とは、この写真にあるようなものの事です。

a0094526_1532096.jpg
中身を飲み終わったあとの瓶を取っておくなら、
きれいに洗っておいたほうが、
次の機会にすぐ使えるから便利ですよね。

インスタントコーヒー自体は、水に溶けるものなので、
洗えばすぐきれいに落ちますが、このシールの残りは、
洗剤とスポンジを使っても、なかなかきれいには落としきれません。





a0094526_15175266.jpg
こびりついたシール類を、きれいにはがしたい時に、私が使っていもの。
それは、エナメル リムーバー。 つまりマニキュアの除光液 です。

もっとも、
 ・ 飲食物ではありません。
  ・ 除光液以外の目的には使用しないでください。
と、製品の注意書きにもありますので、
それをふまえた上での、自己責任 を持っての使用方法だと、解釈してくださいね。


右の商品自体は、すでにメーカーのHPに載っていないので、
おそらく製造中止になっているものだろう、と思われます。

それもそのはずで、実はこれ、私が独身時代に使っていたものなんです。
だから少なく見積もっても、10年以上 は前に作られたのもの、という事になりますね。


当時の私は時々、 マニキュア   のおしゃれを楽しんでいました。
今では 「ネイル」 と言ったほうが、通りがいいかもしれませんが。

現在でも別に塗ればいいんですが、家事をするからうんぬん、というわけではなくて、
ただ単に、爪に圧迫感を感じるのがいやになったので、ご無沙汰しているというしだいです。





私の嗜好の変化で使わなくなっただけで、製品自体には何の罪もありません。

a0094526_15533014.jpg
a0094526_14135779.gifまず オレンジオイル が主成分なので、手が荒れにくいのがポイントです。
もっとも使う機会がほとんどないので、たいした問題にはならないのですが。


そして苦味の混じった柑橘系のほのかな香りに反して、実はなかなかの優れものなんです。

マニキュアのみならず、これまでの経験だと
油性のマジックインキ など、思わぬものまできれいに落としてくれます。
ただしケースバイケースですので、あらかじめお含みおき下さいね。)






今回のシールのはがし残りも、その例外ではありません。

a0094526_16155925.jpg
 テッシュペーパーなどに少し含ませて、
シールの上から瓶のふちをこすると、
洗ってもなかなか落としきれなかった糊(のり)の成分が、
徐々に溶け出していきます。

やさしい香りに反して強い溶剤なので、
油断せずに、ゴム手袋を着けて使ったほうがベターなようですよ。



シールをきれいに落とし終わったら、除光液の成分が瓶のふちに残らないよう、充分に水で流してから、よく乾燥させます。
最後に同様に洗って乾燥させておいた蓋を閉めれば、保存しておける状態になりますね。




a0094526_14585133.gif今回も重箱のすみを爪楊枝でほじくるような、細かい内容のお話でしたが、いかがだったでしょうか?
せっかくの リサイクル 、楽しんで気持ちよくやっていけるといいですね。




     瀕死のブログですが(笑)、
 お帰り前に1クリック
 お願いできませんか?

広島ブログ


コメントもお気軽にどうぞ。

[PR]
by fumichoco36 | 2008-01-17 16:05