<   2008年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧
切った食パンを袋に入れよう ①


食パン食パンって。

このブログの中だけ、宇宙空間を思わせる
スローモーな空気が流れている気がしますが、大丈夫でしょうか。



a0094526_18111483.jpg

食べやすい厚さに切り分けた食パンは、袋に詰めておきます。






a0094526_17404765.jpg
保存する温度は、3・4日なら冷蔵、
それ以上の長期なら冷凍がいいんだそうです。


百均ショップで以前、食パン1斤専用のタッパーを
見たことがある気がしますが、枚数を食べ減らすごとに
残りの庫内空間を有効に使いたいので、しばらくの間は
ビニール袋を使って対応していこうと思います。


近所に製菓・製パン材料が買える専門店があると、
この記事 でもふれているんですが、食パン専用の
ビニール袋も、そこで調達してきました。





a0094526_17433538.jpg
当面は自宅での保存用として使うんですが、
先の見通しとして、思うところがありまして。

父が自分で栽培した野菜を、ときどきくれることがあるんです。

前もって来訪のむねを知らせておいてくれたら、
今後は私の作った食パンと、
物々交換ができるんじゃないかな?と。

そんなもくろみもあったので、あらかじめ
袋を準備しておくことにしたというわけです。

私が買ったのは、20枚入りで168円のもの。
1枚あたりの単価は、8円ちょっとですね。





a0094526_17495543.jpg

カットした食パンを詰めていくと、なんだかそれっぽくなってきましたよ♪





パンは週1ペースで焼いてますが、
記事の目先は変えていきますね。
広島ブログ
ずっと似たような内容が
続いててごめんなさい!

[PR]
by fumichoco36 | 2008-06-30 00:19
食パンカットガイド ③


パンの生地がレーズン色に染まっているのが、見てとれるでしょうか?


a0094526_20575342.jpg


ホームベーカリーには、レーズンなど形をくずしたくない材料
の入れどきを、音で知らせてくれる機能が付いています。


しかし私はあえて半量のレーズンを、生地作りの最初の段階から機械の中にしこんでおきました。

こうする事で先に入れておいたレーズンが、「ねり」 作業の段階である程度つぶれて、生地と一体化します。



追って残りのレーズンを頃合いで投入すれば、粒も残っているし
生地にもレーズンの味が付いて、ダブルで楽しめるという寸法です。




a0094526_21102980.jpg


写真を撮りながらのゆっくりした作業でしたが、途中で食パンが
解凍されすぎることもなく、わりと上手に切り分けられましたよ。


6枚切りレーズン食パン、一丁あがり!



う~んこれは。

小型な冷凍専用庫の購入を、前向きに検討してみてもいいかもしれません。

今回はたまたま1斤分の空きスペースを、前の晩に確保
できましたが、この先いつもそうだとは限りません。

とは言ってもそれなりにお金のかかることなので、
冷蔵庫に入れてみたりの試行錯誤をしてから
考えても、遅くはなさそうですね。





次はいよいよ実食?
広島ブログ
いえいえもう1ステップ、
作業工程があるんです。

[PR]
by fumichoco36 | 2008-06-29 00:08
食パンカットガイド ②



ここしばらく、食パンにブログジャックされている感がありますが、もうしばらくおつきあい下さい。


では予告通り今回は、食パンカットガイド を前面にプッシュしていきたいと思います。


a0094526_20345569.jpg

まずはこんなふうに、食パンをセットします。


赤い数字が並んでいるのがわかると思うんですが、これは厚さの目安になる目盛りです。

写真では6枚切りの厚さに出来るように、厚み調節プレート なる板を差し込んでいます。




a0094526_20422715.jpg

次はいよいよ入刀。


写真ではわかりにくくなっているかもしれないんですが、ガイド溝 という名称の

包丁の刃がちょうど入るぐらいのすき間が、赤い数字のすぐ左横に開いているんです。

そこにパン切り包丁の刃をさしこんで、溝に添わせながら切り下ろします。




a0094526_20494524.jpg

一晩冷凍しておいた食パンは、軽い力で切り下ろすには、ちょっと固まりすぎていました。

というわけで、1枚をある程度のところまで食パンガイドを使って切り進んだら、

最後の部分ははずして、まな板の上で切り離すことに。  ギコギコギコ ・・・




a0094526_20542554.jpg

パタリ。

おお、きれいな切り口ですよ!

冷凍作戦、成功だったかもしれません。






広島ブログ
「ひとりで食パン」 っていう
ブログタイトルにしたほうが
よくなりそうな勢いです。

[PR]
by fumichoco36 | 2008-06-28 00:23
食パンカットガイド ①



a0094526_19411011.jpg
21日土曜日の午後も、食パンを焼きました。
今回はレーズンと全粒紛入り。

タイミングが合ったので、リアルタイムでも記事を書いています。
→ リンク


ホームベーカリーの中で食パンの生地が発酵するとき、
レーズンとイーストの混じった香りがしていて、
それが充満する中でブログの原稿を書いていました。

当日が雨がだったのも関係あるかもしれません。

パンは夜8時半ごろ焼き上がったんですが、
その直前には部屋に熱がこもって、ちょっと暑いくらいでした。





a0094526_19435840.jpg
焼いた当日に食パンをカットするのは、
やわらかすぎて難しいということを、前回の失敗 で学びました。

そこで今回はちょっと一工夫。

あらかじめスペースを空けておいた冷凍庫に、夜寝る前、
冷ました食パンを1斤まるごと入れておくことにしたんです。

しめ固めておけば、きれいに切り分けやすいんじゃないかと思って。

(サイズがちょうど良かった、炊飯器の内がまに入れて。笑)

そして翌朝。





a0094526_1948787.jpg
手元にはホームベーカリーとあわせて買った、

食パンカットガイド なる道具があります。

これを使うのは、これまで食パンを焼いた回数と同じ3度目です。

うまく切り分けられなかった前回にも、じつは使っています。

せっかくの便利な道具も、条件が整わなければ効果を発揮しないんですね。




a0094526_19502743.jpg








冷凍庫から取り出してきた食パンは、
一晩で適度に固まっていました。

今度こそは!と気合じゅうぶんで作業に入ります。




広島ブログ
続編では食パンカットガイドの使い方を
大きめな写真でお伝えしていきますよ~♪

[PR]
by fumichoco36 | 2008-06-27 00:17
閑話休題


我が家の台所シンク下の様子です。

コーヒーの空きびんがだいぶ貯まってきました。


a0094526_1610888.jpg



詰め替え用のインスタントコーヒーを買ってきて、
使い切るごとにいちいち洗っているので、清潔なことは清潔なんですが。

いいかげん何本かは整理すべきなんでしょうか。

へぇ~意外・・
[PR]
by fumichoco36 | 2008-06-26 00:24
自家製食パン(全粒紛入りチャイ風味)  試食編  


うわ~大変だ、またやってしまった~!!

ブログの環境設定をときどきいじって変更しているんです。

24日夜あたりから25日午後2時すぎごろまで、エキサイトブログユーザーのかたを除いて、
コメントの書き込みができない状態になっていませんでしたか?

これは  管理者である私のミス  です。

ときどきうっかり変なタイミングでキーボードに手があたって、気づかないままで設定を終了してしまうんです。

「せっかく書き込みをしようと思ったのに、できなかったよ・・」
というようなかたがもしおられたら、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした!!




a0094526_1514185.gif 



食パンを1斤焼いたら、切らなくちゃ食べられません。

タイミングがあるといいますが、それは食パンのカットひとつとっても言えること。

夜9時前に焼き上がったんですが、最低でも人肌程度まで冷ましてからでないと、
パンがやわらかすぎて、うまく切り分けられないんです。


ここでちょっと話をずらします。

家人のAちゃんはもっか多忙を極めており、落ち着くまでの間、家での食事がままなりません。

そこで焼いた食パンの一部を、おやつとして職場に持っていってもらうことにしました。


そして2時間後の夜11時ごろ。

頃合いまで冷めた食パンを、いよいよ切ってみました。

結果は残念ながら、まだやわらかすぎて、半量ほどカットに失敗してしまいました。

しかしその日よくがんばった私は (自分でいうのも変ですが)、
もうがっかりする気力すら残ってなかったので、自分を許してやることに。

きれいに切れた部分を、会社には持っていってもらおう。

6枚切りの厚さにした2枚を、ポリラップ → アルミホイル → 布ナプキン の順に包んで、
冷凍庫に入れておきました。

やわやわな食パンは持ち運びが心配だったので、丁寧に包んで、
さらにそれ自体も冷やし固めておくことにした、というわけです。



持っていってもらう前には、毒味しておかないと。

材料のひとつに使ったチャイ・ラテベースの中に、もともと入っているシナモンの風味はほとんどしませんでした。

これなら苦手なAちゃんにも、毛嫌いされなさそう。

でもそのいっぽうで、マーガリンとは別に加えた塩が、意外としっかりきいていました。

写真のものは、軽くオーブントースターであぶってあります。



a0094526_1655973.jpg

家で食べるぶんには、こんないびつな形に切れていても、問題ナッシング~♪(笑)





翌日の夜、持っていったAちゃんからメールが届きました。

「おいしかったが、やっぱり焼いたのが食べたいなぁ。」

レスをしておきました。

「そうじゃね、タイミングがあえばまたいつでも食べさせてあげるよ。 トースト。
 大丈夫、ご飯を炊くみたいに、普通に食パンを焼くつもりでいるから。
 何回でもきっと機会はあるって。」


全粒粉も入れたこの食パンのトースト。
マーガリン+メープルシロップ または ピーナッツバターを塗って食べても、相性が良かったですよ。





今回は写真が1枚だけで、
広島ブログ
ちょっとさびしかったですね。


ご参考までに・・
[PR]
by fumichoco36 | 2008-06-25 00:03
はじめてのホームベーカリー ⑦

お知らせ
少し時間が取れたので、日付をまたいで2本連続でアップ してみました。
いつも同じくらいの時間帯に訪問してくださっている皆さん、
わりと長文なのでご迷惑おかけしますが(笑)、
お時間が許すときに、ゆっくり読んでいってくださいね。





a0094526_1933326.jpg
食パンは焼き上がったらすぐ、
熱々のうちにパンケースから取り出します。

そして網の上にのせて、しばらく冷まします。

この網も、もともと我が家にありました。

37年も生きていれば、いろんなものを持っています。

おもな後片付けは、パンケースを洗うくらいです。
フッ素加工がほどこされているので、
簡単にきれいになりましたよ。

本体は、まだ汚れていないので、
さっと水ぶきする程度で、大丈夫。




写真を撮って、すべての片付け終わったころ、
時刻は9時前を回っていました。

4時間の長丁場、お疲れさま!
私とホームベーカリー。

そして読んでくださっている皆さん。(笑)

a0094526_1943251.jpg





a0094526_19472088.jpg








ところでホームベーカリーで焼いた食パンには、
その構造の都合上、底の部分に穴が開きます。

機械が焼き上げの工程に入る前の段階で、
パンケースから発酵の終わった生地を取り出して、
羽根をどかせれば、パンにあとがつかないらしいんですが、
私の場合は別に気にならないので、
そのままにしています。


今回は途中でうっかり失敗もしましたが、
おかげさまで無事に焼き上がりました。
パチパチパチ!

次の手順はカットですね・・





お疲れついでに
広島ブログ
さあワンクリック!(笑)

[PR]
by fumichoco36 | 2008-06-24 00:25
はじめてのホームベーカリー ⑥


⑤ をとばして、 のつづきです。


a0094526_2043660.jpg
2時間ほどたって中をのぞいてみると、
ホームベーカリーは一次発酵を終えて、ガス抜きをやっていました。

人間の私が不注意で気を落としそうになっている間にも、
機械のほうはしっかり働いてくれていたんですね。

その健気けなげさに、どこかで ジ~ン ときてしましました。






a0094526_20491546.jpg
そして気がつけば、時計の針は午後7時をさしていました。
焼き上がりまであと1時間半。

生地がふくらんでいるのを確認できたので、
あとは部品に不具合が残らないことを祈るのみです。

こんな使い主に買われたホームベーカリーが、
いささか不憫ふびんに思えてきます。 ごめんね・・




ひと安心したところで、取り出しの準備にかかります。

食パンは焼き上がり直後にパンケースから取り出したほうが、皮がパリっとするんだそうです。

もはや言うまでもなく、おいしく食べることにかけては、余念がありません。




a0094526_2142399.jpg
熱くなったパンケースを逆さに持って、
上下に振ってパンを取り出すんですが、
この際には分厚い手袋、ミトンがあったほうが便利です。

もしない場合でも、代用できるものがあります。
それは軍手。 

しかも2枚重ねれば、ばっちりこと足ります。
実はこのアイディア、どっかで見た受け売りなんですけどね。

私は冬場に掃除機をかけるとき、
荒れやすい手肌を守るために、軍手を愛用しています。

だから食パンの材料と同じく、こちらも有り物でまかなえました。
毛玉だらけなのは、普段から使っているあかしなのです。





残り時間あと30分ほどというところで、上の透明なのぞき窓から見ると、ふくらみ ・ 焼き色ともに問題なさそうでした。
ありがたやありがたや・・

このときつくづく思ったんですが、こういった家電を開発する技術力って、すごいものですよね。

よく考えてみたら、洗濯機や掃除機や冷蔵庫、何にしてもそうなんですが。


ことホームベーカリーに関しては、機械が先生で私は助手。

「先生」 が力強く生地をねっている横で、しおしおと洗い物をしながら、そんなふうに感じてしまいました。
 





ホームベーカリー氏と
広島ブログ
マンツーマンの日々です。(笑)

[PR]
by fumichoco36 | 2008-06-23 09:21
はじめてのホームベーカリー ⑤


このブログの場合のお話です。

記事にする出来事の日付と、原稿を書く日付、さらにアップする日付。

この3つの間隔が、何日かあくことがあります。

当記事の原稿を書き始めた今は、21日土曜日の17時すぎ。

ついさっき、3回目のホームベイクにあたる食パンを仕込んできました。

今回は 【 レーズンと全粒紛入り 】 です。



a0094526_1958257.jpg




途中ドライイーストを計量していたときのこと。

0.5gの誤差をシビアに調整しているその真横で、
大さじ1杯分のドライイーストを、袋から台所のシンクにこぼして無駄にしてしまいました。 
台無しじゃん。


するかもしれない失敗は、必ずする。


「三つ子の魂百まで」 とよく言いますが、
私にはそれがぴったりと当てはまり、ドジは死ぬまで治せそうにもありません。
とほほ。


もうちょっとたったら、このパンが焼き上がります。

時系列は前後しますが、先に写真をアップしちゃいましょうね。


では熱々のうちに、さあどうぞ!!




a0094526_20523845.jpg



カット断面も、後日必ずアップします。
このままじゃ片手落ちだ。


さてと、パンケースが熱いうちに洗っときますか・・




食パンのカスタムメイド、
広島ブログ
うけたまわります。(笑)

[PR]
by fumichoco36 | 2008-06-22 08:18
はじめてのホームベーカリー ④


梅雨の時間にあかせて、本日2回目のブログ更新です。 めずらし~!!



a0094526_19181465.jpg
そもそもこの日は、疲れがなんとなく抜けていなかった私。

デジカメ撮影はなしで、パンを焼くだけにしておこうと、当初は思っていました。

でもブロガーなんですね。

つい欲を出して、写真を撮りながら作業を進めていたんです。

手順どおり材料を量り終えて、パンケースを本体にセットして、
スタートキーを押しました。

それから約2分後・・



明らかに変な音が!


びっくりしてふたを開けてみると、パンケースを本体に確実に固定しきれていませんでした。

そのために生地をねる力でパンケースの中の羽根が浮いて、外れていたんです。

写真を撮るのにかまけて、実際の作業のほうがおろそかになっていたんですね。

あわててちゃんとセットして、混ぜ始められていた生地を手でどかせて、

羽根も取り付け直したんですが、悪影響が出ないかどうか心配です。

スタートは夕方4時半だったので、結論が出るのは夜8時半。



全自動なのに間違うか、私!



このときばかりは知恵熱が出そうなほど、ぐったりしてしまいました。




もし今回の食パン作りに失敗したら・・

a0094526_19364933.jpg
材料を量り始めたところから撮った写真が、
ブログに使えなくなるのはまだしも、
その材料が無駄になってしまうかもしれない。 
胸が痛みます。

しかしそれよりさらにつらいのは、
やっと購入したばかりの
ホームベーカリーへの心配でした。

羽根とパンケースの中軸の間に、
生の生地が少し付いたので、
焼く時の熱で部品が悪くなってしまったらどうしよう。






私は普段、どちらかというと周到しゅうとうな性格なんですが、思わぬところでうっかり抜けているんです。

だからこんなとき、つくづく自分がだめ人間だと感じてしまいます。

Orz   頭でっかちなこの絵文字、そのまんまの心境でした。



広島ブログ
まだまだ続きます。

[PR]
by fumichoco36 | 2008-06-21 18:33