<   2009年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧
「接 吻」 ①



ORIGINALオリジナル LOVEラヴ 接 吻せっぷん kiss 」  は、好きな曲のひとつです。


「長く 甘い 口づけをわす♪」 という歌詞で始まりますが、

いちばん共感できるのは、

「永遠に 独りで いることを知る♪」 という部分です。


あえてひと言で断じるならば、「せつない」 ですよね。

でもだからこそ、人は温もりを求めずには、いられないのかもしれません。





長く甘い口づけを交わす~  深く果てしなくあなたを~  知りたい・・・♪
a0094526_122514.jpg
fall in love 熱く口づけるたびに~  やけに~  色のない夢を見る・・・♪





話がちょっと飛びますが。


私のブログは、さびしさが原動力。

恥ずかしながら、死ぬまでにひとりでもいいから、笑いあえる友達と出会いたいです。

もしかしたら一生かなわない、願いなのかもしれませんが。

真冬なのに、暑苦しいこと、この上ないですね。(笑)


でもまあ、遠目とおめ「キャラ」 として見るぶんには、笑えると思いますので、

今後ともおつきあいいただければ、幸いです。 どうぞよろしくお願いします。^^ヾ




続編では、You Tube で見つけてきた、この 「接 吻せっぷん 」 の中で、

私が 「おっ!(゚∀゚* 」 と思った2種類について、取り上げてみたいと思います。

お楽しみに♪





:: 追伸 ::

前回、記事中の写真をクリックすると、もれなく 広ブロ応援クリック につながるという、

姑息こそくなトラップを仕掛けてみたところ、わざと引っかかっていただき、ありがとうございました♪

皆さん、いい人たちだなぁ・・・ と、思いましたよ。(笑)

このぶんだと、私がいつブログの更新を途絶とだえさせても、

「なんかあった?」 と、気づいてもらえそうで、ひと安心です。(笑)


そんなわけで今回もまた、二匹目のドジョウを狙うべく、同じ仕掛けをば。

世の中そんなに甘いわけじゃないのは、じゅうじゅう承知の上ですが。

友達がひとりもいない、哀れな38歳女に愛の手を・・・

っていうのは、さすがに馬鹿にしていますね。

こりゃ、失敬失敬!f(^^;

でも、「来たよ♪」 の代わりに押していただけると、喜ぶのは本当ですよ♪




≪編集後記≫

ブログの文章の書き方って、本当に難しいですね。

もっと上手な力の入れ具合、抜き具合を学んでいかねば。

たとえどんなに嫌われても、私には私の文章しか書けないのだから。
[PR]
by fumichoco36 | 2009-01-31 19:54
「 予 約 」



a0094526_164867.jpg


友達わくに まだ余裕はありますか?





a0094526_0573013.jpg


今すぐにじゃなくてもいいんです




a0094526_0583083.jpg


もしきが出たときには・・・




a0094526_0585185.jpg


私のことを 思い出してくださいね♪






・・・タイトルはむしろ
「キャンセル待ち」 のほうが、
適切だったんでしょうか?(笑)


広島ブログ



しょぼい詩もどきの今回のブログは、
この先何回かぶんまでの
伏 線 になっております。

覚えておいてくださいね。 

役に立たないけど! d(^^


つまり 「予 約」は、
ダブルミーニング♪






  あと、記事中の写真4枚、どれを押しても、
  広ブロ のポイントクリックにつながるという
  トラップをしかけておいたので、
  わざとひっかかってください。(笑)

  ふざけすぎたかな?… f^^;

[PR]
by fumichoco36 | 2009-01-30 02:47
銀歯の入れ換え ④



のつづきで、今シリーズの最終回です。

もうそろそろ 「お腹いっぱい」、ですよね?


銀歯を穴ぼこにぴったり詰め終わったあと、周りにはみ出した接着セメントを、きれいに取り除いたり。

何か(?) をしっかり噛んでおくようにうながされて、銀歯が固定するまでの2・3分間、歯を食いしばっていたり・・・。

入れ終わった瞬間こそ、その両側の自前の歯を押し返すような、圧迫感を少し感じましたが。


前回型取りをしたときに、思いっきり歯を食いしばっていたのが功を奏したのか、

高さ的にはなんら違和感なくて、初めからいい感じでしたよ♪




a0094526_167732.jpg

もうこんな 大きな穴ぼこ も、口の中に存在しないわ!





   「セメントがちゃんと固定するまで、24時間ほどかかりますから。
     それまではなるべく逆側で、物を食べるようにしてくださいね。 
     とは言っても、どうしても噛んじゃうんだけどね。(笑)」


   「来週もう一回調整をしたら、今回は終了です。
     もし次に同じことがあったら、今度は取れた銀歯を、すぐに持ってきてくださいね!
     元の場所にそのまま詰められますから。」 


と、再び同じことを繰り返されました。

親身なアドバイス、ありがとうございます!
 
次は、ちゃんと覚えておきますね。d(^^*



1回目で3900円、2回目で3750円、治療費がかかりました。

3割負担でこの金額だから・・・ と考え始めると、ため息が出てしまいそうだけど。

せめて合計金額が、1万円以内に収まってくれれば、ありがたいところです。

(追記 : 3回目は微調整のみで事足ことたりたので、440円で上がりました。 ラッキー♪  )


ともあれ、突発的な案件がひとつ片付いたので、よしということにしておきましょうか。





a0094526_1642818.jpg


a0094526_14485824.gif

もしもブログをやっていなければ・・・
[PR]
by fumichoco36 | 2009-01-28 14:27
銀歯の入れ換え ③


のつづきです。


便宜べんぎ上、「世界にひとつだけの」 と書きましたが、個体数でいえば 2 ピースでした。


「じゃあこれを詰めていきますからね。」 と、説明されたあと。

やおら先生は、奥歯2本の間の位置で、石こう模型を パキリ!と折られました。

そして金具を使って、歯型から銀歯を取り出して、と。




a0094526_160388.jpg

跡地。






話は私の口の中に戻ります。

いよいよ穴ぼこに、新しい銀歯を接着していくわけなんですが。


接合面のセメントは、まわりの歯にトロッとれるぐらい、多めに盛られました。

基本的に長期間取れてはいけないものだから、そんなふうにたっぷりの量を使うんでしょうね。


そしてついに、銀歯をイン!


1本目はスムーズに穴にはまったようですが、続く2本目は、ちょっと大きかったようです。

と言いますか、型取りした前回から中2日の間に、さらに歯間がせばまって、うまく合わなくなっていたらしいです。


「こんなふうに動くからこそ、歯は矯正きょうせいできるんですけどね。」 とも、言っておられました。

生身の体って、繊細にできてるんですねぇ!





a0094526_16114444.jpg

分別の種類、今度調べて捨てなくちゃ!(笑)






いわく 「0.何ミクロンの世界のことなんだけど・・・」 とおっしゃりながら、
私の枕 (←この言い方はちょっと変ですが) の後ろの見えない位置で、研磨けんま作業をしておられる様子でした。


本当はそれもしっかり見て、このレポートの参考にしたかったんですが。


あお向けに寝かせられている状態だったので、
さすがにそこまでのわがままは言えなくて、断念しました。


なんやかやで、半年に一度のサイクルでお世話になっている、
かかりつけのお医者さまでもありますし。^^;

ちょっと残念です。(笑)



少し削ったあと、再び装着にトライ。

今度はうまくはまりました!


つづく 





次回がシリーズ最終回です。
どちらさまも、お疲れさまでした!


ガガガガガガガガ・・・・

歯をけずるイメージで。(笑)

[PR]
by fumichoco36 | 2009-01-25 19:07
銀歯の入れ換え ②


のつづきです。


それで歯に詰めていた仮セメントを、まず取り除くんですが。

「キュイ~ン!」 っていう、例のドリルを使うんじゃなくて、
細かく砕くようにしながら、耳かき型の鋭利な器具で、手作業で取るんですよ。


歯っていうのは、表面から硬いエナメル質、その内側に少し軟らかい象牙質・・・
という構造になっているそうなんですが。



おととしの秋、初めて銀歯を入れたのは、左奥歯に大きな虫歯ができていたのが、原因だったんです。


そのときにかなり大きく削りこんでいるものだから、今回仮セメントを取り除いてもらうだけでも、

薄い状態になっている象牙質の真下にある神経に、 まあ響くこと響くこと!



「プシュ~!」 というエアーを、ちょっと当てられただけでも、敏感にしみてしまうので、

「もしかしたら、今までの銀歯が入っていた下に、また新たな虫歯ができてたんじゃないか?」

と、心配になったほどでした。



それで先生に、「虫歯には、なってませんか?」 と、たずねてみたところ、

「そりゃ神経のすぐ真上だから、虫歯になってなくても、当たるだけで響くんですよ。」 と。

・・・そうですよね。




仮セメントをきれいに取り除いて、何度かうがいをしたら、
次はいよいよ、先般せんぱん 型取りをして作っておいた、銀歯の登場です!


ではここで。

ちょっと想像してみてください・・・


シリコンを口の中に入れて、型を取ったものは 凹型 ですよね?


そこに石こうを流しこんで、凸型 の歯の立体模型ができるわけです。


文章ではわかりにくいですね。 ハイ。


つまりこういうことです・・・




a0094526_1554936.jpg


ドスン!

これが実物。 

私の歯の石こう模型です!


(裏側に黒マジックで書いてある、苗字みょうじをお見せできないのが残念なくらいです!)






a0094526_15562444.jpg


それでわかりますよね?

奥歯にボッコリと、

大きな穴の開いた部分があるのが。

ここに、おNewな銀歯 が、ピッタリと収まっていたというわけです。







正真正銘の、オーダーメイド。

まさに、世界にひとつだけ  ですよ! 

モノは銀歯ですが。(笑)


それはきれいに、ピカピカと  光り輝いていました。

石こう型がまるで、宝石の台座のようにすら見えたのは、ここだけの話です。



つづく
[PR]
by fumichoco36 | 2009-01-24 17:34
銀歯の入れ換え ①



1/16日(金) 歯医者さん通院 2回目。

この日は銀歯を入れました。

3日前の火曜日に型を取って、仮セメントを詰めておいてもらったんです。


話がちょっと前後しますが。

今回のように 歯のかぶせ物が取れた場合には、なるべくすぐに、持っていくといい そうですよ。

そうすれば、取れた元の物を、そのまま再び入れ直すことができる そうなんです。




a0094526_1620964.jpg

コレ ナーンダ?





今回の私の場合、左奥歯の1本目と2本目が、2日間の時間差で
外れたこともあって、来院まで 1週間ほど間を空けてしまいました。


そのせいで銀歯の入っていたすき間が、その両側の歯の圧力でせばまって、
元の物を入れ直すわけには、いかなくなってしまっていたんですが。


先生からそれをうかがって、「残念!」 とは思いながらも、
新しく作り替えるつもりで初めから行ったので、さほどショックではありませんでした。






a0094526_16214479.jpg





1回めのときに、ひんやりしたやわらかいシリコン(?)を口の中に入れて、歯型を取っていたんです。

2回目の今回は、そのときに詰めておいた仮セメントを取り除くところから、作業に入りました。



あお向けの状態ではありますが、自分の口の中で、今どんな作業がなされているのか。

頭上に鏡が付いていて、目視できるようになっているんですね!

40年近く生きてきましたが、しっかりその様子を鏡でチェックしたのは、これが初めてのことだったかもしれません。


虫歯などの痛みを伴う施術ではなかったので、そのことに気が付く余裕が、きっとあったんでしょうね。


つづく






よろしければ、ぜひ!

[PR]
by fumichoco36 | 2009-01-23 18:11
毛皮の首巻き ④


からのつづきです。


また同じレスの中には、こんなことも書き添えてありました。


「近所のスーパーにして行くには、大仰おおぎょうしいかもしれんけど、

フミはあまり外へ出ないから、いつでもして行ったらいいよ。」



「人は見た目が絶対大事 だからね。

C(妹の名前)は いつも言ってるけど、姉ちゃんはもっと、おしゃれしないと損!

A君(家人)は何も言わなくても、きれいにして怒られることはないからね。

子供がいないぶん、おしゃれも自由だし。

お金をかけなくても、今は衣類は安いからね。

はじめての人には、見た目で判断されるよ。」






a0094526_17224950.jpg






「フミの髪は黒いし、顔が はっきりしてるから、髪が短い方が似合うかも。

長いなら カールしたほうがいいよ。 C(妹)も、そう言ってたよ。

いらんことを言うなと (妹は) 言うけど、他人は人のことは言わないからね。

A君(家人)に聞いてごらん。 

彼は優しい人だから、フミが気を病むと思うことは、言わないかもしれないけどね。」




「(中略) でも言えることは、


とにかく自分に自信を 持つことよ。

自分を一番大事にしないと、何事にも耐えられないからね。

それさえ心がけていれば、何でもはねのけられるよ。

もしその時、それが間違っていれば、必ずしっぺ返しくるし、それも勉強だから。

そうしながらみんな、大人になっていくんだよ。




歳をとっているだけが、大人ではないからね。

お母さんより フミ や A君(家人)のほうが、大人の部分を持っているところも、あると思うよ。」






メールから 「一部」 を抜粋してみました。

携帯からにもかかわらず、びっくりするくらいの、長い長~い!文面でした。


このブログを続けて読んでくださっている皆さんは、

「ああ、この子(私)にして、この(母)親あり だなぁ・・・」 という、印象を持たれたかもしれません。



これでも、たくさん付いていた 「(エクスクラメーションマーク)」 を省いたりして、

ちょっと読みやすくしたほうなんですよ。

原文は、もっとダイレクトで、勢いがあります!(笑)

フミチョコ ・ アンサー
[PR]
by fumichoco36 | 2009-01-22 01:28
毛皮の首巻き ③


のつづきです。




そしてもういっぽうは、幅広でやや毛足が長いものです。



a0094526_16312998.jpg



この記事に先立って、じつは先日、その日着た洋服に合わせて、
こちらの焦げ茶色のほうを巻いて、写真を撮ってみたんですよ。






この日は前もって、写真を撮る気ではなかったので、

こういった 「マダ~ム」 な雰囲気の毛皮を身に着けたにもかかわらず、

自身の目元にはアイシャドーすらほどこしていないという、ていたらくでした。

このへんのめの甘さが私らしい・・・ と、苦笑いするよりほかありません。


ほかにも髪をブローする技術とか、今年は課題が満載のような気がしてきました。(笑)







じゃっかん イタイ つづきですが、見ますか?(笑)
[PR]
by fumichoco36 | 2009-01-21 01:53
毛皮の首巻き ②


のつづきです。


それで何の話でしたっけ?

あっそうそう、ミンクの首巻きのことでした。(笑)


写真を見ていただきたいんですが。



a0094526_16255972.jpg



たとえ 義眼 だとわかっていても、みょうにリアルで、なんだか怖くないですか?





a0094526_16274981.jpg



まるで硬直しているかのように見える足の形は、

私にはどう見ても 「スケキヨ 風」 に思えてなりません。





首に巻くときは、専用の留め具も付いてるんですが。

それを使うと見ため的に、いまいちキマらない感じがするので、
口の部分をこじ開けて、片足に噛ませるような形にして留めるんです。


その様子を想像しながら書いているだけで、
なんとなく不安な気持ちになってくるぐらいなので、
動物愛護的な観点から見たときに、不快感を持たれはしまいか?と、心配でもありますが。


はい、フェイクじゃなくて本物の毛皮です。



自宅に持ち帰ったあと、Aちゃんの口から、

「そういえば思い出した。 マギー審司しんじ みたいだ!」 という、


すっとぼけたひと言が、もし聞けなかったら。



とてもきれいで気に入った・・・ と思いながらも、いまだに怖さのほうが先に立っていたかもしれません。

マギー審司のイメージに、ちょっと救われましたね。(笑)



つづく
[PR]
by fumichoco36 | 2009-01-20 09:40
毛皮の首巻き ①


お正月に実家に帰省しました。

その際に持たせてもらった、毛皮の首巻きのことについて、ちょっと書きたいと思います。


何種類かあったのですが、実際にそれぞれを とっかえひっかえ身に付けてみて、鏡で見た感じや、
その場にいた母 (ふたまわり年上の同じイヌ年) と、妹 (11歳年下) の意見を参考に、
最終的に2本選んで持って帰りました。


まず1本目は、白っぽいミンク です。

顔と足と尻っぽが付いているというインパクトの強さに、ひとりでキャーキャー騒いでしまいました。

(いい歳をして。笑)

作り物だとわかっていても、けっこうリアルに見えて、怖いんですよ。

虫を触ったりヘビを見たりするのは、私けっこう、平気なほうだと思うんですが。




a0094526_17242732.jpg




以前こんなことがありました。 料理をしているさいちゅうだったんですが。


換気扇を回していたら、

ガランガラン!というけたたましい音ともに、

スズメがいきなり飛びこんできたんです。a0094526_1891751.gif


幸いその スズメ はパニックを起こしながらも、短い時間で再び部屋の外へ飛び出して行ってくれましたが。
(別の窓から)

その時のショックと怖さが、いまだに私の中に残っていて、小動物のたぐいはちょっと苦手なんです。



比較的田舎に住んでいるので、道ばたで動物の死がいを目にする機会が、
たまにあるというのも、一因かもしれません。





a0094526_17244999.jpg





あのときのスズメは、それこそ生きるか死ぬかで必死だったから、

内壁にあちこちぶつかりながら、フンまでして(!) 部屋中をバタバタ飛び回っていましたもん!

それを見ていた私は、いきなりのことに声すら出せず、なかば腰を抜かして、こわばっていましたもん!


つづく
[PR]
by fumichoco36 | 2009-01-19 14:52