黒猫モチーフの日傘  《後編》


前編 からの続きです。


普段ならばどんな買い物をする時でも、何日間かは吟味ぎんみするんですが、

今回に関しては比較的あっさり、どれにするか決めてしまいました。

選ぶのに要した時間は、正味 2 ・ 3時間 ほどだったでしょうか。



a0094526_18463186.jpg

※ お店の購入ページから、写真を拝借しています。






細かいことを言えば、中棒が伸縮式だったり、開閉がワンタッチ式だったりという、

どちらかと言えば気に入らない部分                         も あるんです。                   


それは 「造りが複雑になればなるほど壊れやすい。」 という性質を、経験上知っているからなんですが。


でもがらのセンスに ピン! とくるものがあったし、
3千円以下という価格にも納得できたので、これに決めました。


おそらく今週中には手元に届くと思いますので、その時にはまたブログ上で、見せびらかせて下さいね。

安物なのに。




そしてようやく記事のタイトルに付けた 黒猫モチーフ  」 についての説明に入ります。


白地の傘の模様に、ご覧のとおり  唐草椿黒猫  があしらわれています。


黒い猫。 


それ自体には何の罪もないのに、目の前を横切ると不幸になる。 とかいう迷信がありますよね。



これはまったくの偶然でしかないんですが、
昨年と今年ちょうど今の時期に、私はネット上のお付き合いを通して、 2回黒猫に遭遇しています。


それが私に不幸を運んで来たかどうかは、まだわからないし、
第一そんなとらえ方をする事自体が間違っている、と思うので
恐縮するよりほかは無いのですが。


でもまあ、気になるモチーフ  なわけです。 




ところでこんなのも見つけましたよ。 →→→  黒猫 

リンク先の画像上に、マウスポインタを合わせてみて下さい。
これ、相当よく出来ていて、かわいいですね。




話が脱線しかけました。

それで傘にプリントされている模様をひと目見て、

そんなに気になるくらいなら、買ってしまえ。 と思ったんです。

手元に置いていつも目にしている事で、私なりに何か期するところもあるだろうし。

だから別にどうだというような事は、何にもないんですけどね。




プリントされている猫の姿も何通りかあって、こんな工夫が目にも楽しいです。

椿の赤唐草のグレー猫の黒   という色の組み合わせも、画面で見た限りはよさげだし。



実物を手にする前から、あれこれ考えてしまって、理屈っぽい人間ってこれだからもう・・





犬年生まれで、どう自己分析にしても、犬的な性格の私。   


潜在意識のどこかで、 しなやかな猫  のイメージ に、憧れている部分があるのかもしれません。






何匹でてきたかニャ? 
広島ブログ
クリックお願いします!

[PR]
by fumichoco36 | 2008-04-14 21:47


<< 近所の梅の定点観測 ⑤ 黒猫モチーフの日傘  《前編》 >>