アイス に インスタントコーヒーを ふりかける


「ほどよい苦味と酸味のエスプレッソコーヒーアイス。」

これが今回いただくアイスクリームの、キャッチコピーです。

ええ、たしかに否定しません。

この価格帯で買えるアイスシリーズの中で、
【MOW】 はクオリティーが一番安定している、ブランドのひとつなんじゃないか? と思っています。

私も大好きです。


しかしそこは 「モウ」 という、牛の鳴き声を前面に打ち出した
濃厚なミルク風味が、一番のセールスポイントというアイスのことだけあって、
たとえ 「エスプレッソフレーバー」 といえども、もっとも強く感じられるのは 「ミルク感 なんです。

そこがコーヒー好きにとっては、ちょっと残念なところ。       


もっと強いコーヒーの風味を楽しみたい。   


そこで!



a0094526_19295419.jpg

アイスのふたを半分まで開けて、インスタントコーヒーの粉を、少々ふりかけてみました。




粉の量は、この写真ぐらいがちょうどいいんじゃないかな?と、思います。

こうやって食べるの、実は2回目なんですが、
最初の時は欲張って多くかけすぎ、ちょっと失敗してしまいました。

溶けてアイスとうまく混じりあう程度の量じゃないと、粉粉(こなこな)しすぎるし、
だいいち、苦味と酸味 が強すぎる。

だけど少なすぎては、コーヒーの風味が弱くて、かける意味がない。

そのあたりは何度か試してみて、自分好みのあんばいを見つけるのが、いいんだろうと思います。



それから、「半分にだけ」 かけているのも、ポイントです。

もともと味のバランスが完成しているものに、あえて手を加えるわけですから、
もし予想外の味に、残念な思いをしたところで、それは 自己責任 ということになります。

だからもし、コーヒーの粉をかけた部分が口に合わなくても、
残りの半分は普通においしく食べられるように、保険 をかけておくんです。

すごく身近で低レベルな意味での、ライフハック!(笑)
【ライフハック】 仕事術。 ストレスなく生産性を発揮する方法。



うだうだと長くなってしまいました。
そろそろこの記事は、まとめに入りたいと思います。

インスタントコーヒーをふりかけておいしい、アイスクリームの種類について。
すでに実践したところでは、バニラやチョコレート系ベースのもの には、よく合いました。


チープなアイスばかり食べていますが、こうすることで気持ちばかりは、
大人の雰囲気  が楽しめますので、試してみる価値はあるかもしれませんよ。



では最後にもう一度、写真を見ていただけますか?

冷凍庫から出したてで、カップの胴体部分には、まだ霜(しも)が付いています。

中のアイスもしっかりしめ固まっていて、やっとスプーンが入るという状態です。

写真はまだ撮り始めたばかり。

これが、次回からの 伏線ふくせん になっていきます・・・ ( ̄ー ̄) にや~り







この時期、コバエが
わいていませんか?
もううんざり!




クリックお願いします!
(広島ブログ)

[PR]
by fumichoco36 | 2008-09-07 15:15


<< 溶けゆくアイス と 2つのジェ... ブログオタクがアイスを食べると    >>